英会話教室へ転職時の履歴書のポイント

業界:教育、学習塾・予備校

13views

imasia_10019635_M

 

履歴書で採用側は何を知りたいのかを考える

 英語を必要とする職業は、例えばCAと呼ばれる飛行機のキャビンアテンダントとかホテルマン、あるいは商社マンなどいろいろありますが、英会話教室もそうした職場の一つです。したがって、ここでも英語力が最重要視されるのは言うまでもありません。

 

 では英会話教室ではCAやホテルマンなどと同じ程度の英語力があればいいのでしょうか。CAやホテルマンなどの場合ですと英語に関しては聞く力と話す力、つまりヒヤリングとスピーキングに関する英語力があればまず合格でしょう。ところが英会話教室のインストラクター(講師)に要求されるのは、それだけではないのです。「それだけでない」というより「それ以外の力が必要になる」と言ったほうが良いかもしれません。

 

 「それ以外」が何かといえば、英語の指導力です。つまり、英語の理解力や伝達力だけでなく英語を指導する力がなければ勤まらない職業なのです。これは言葉で言ってしまえば、さも当然のことのように聞えますが、必ずしも応募者の全てがこの事をはっきり自覚しているとも限らないのです。

 

 したがって履歴書には英語の能力については「英検準1級」とか「TOEIC750点」というふうに所持している資格などについて記述されていても、英語の指導歴や持ち合わせている指導技術などについて触れていない場合がけっこう多いのです。 これはまったくの片手落ちで、採用側が最も知りたいことが欠落していると言ってもいいでしょう。採用側は英語力に併せて、その指導力も知りたいのです。

 

  • 英会話スクールの講師には英語力はもちろんのこと、指導力も求められている。むしろ、採用側が知りたいのは応募者の指導力であるとも言える。

 

履歴書には自分の指導力についても記載しよう

 履歴書には免許や資格について記入する欄があります。英会話教室への転職の場合ですと、たいていはこの欄に「英検準1級」とか「TOEIC950点」というふうに書くのではないでしょうか。もちろん採用側はそれによって応募者の英語の力を知る材料になりますから、ある程度役に立つことは確かです。

 

 しかし上でも述べたように、採用側が知りたいのは「応募者の英語指導力」です。なぜなら、英語の必要な他の職場のように理解力や伝達力だけでは英会話教室の仕事は勤まらないからです。それは、英会話教室が生徒に英語を指導して幾らの世界だからです。したがって英語が聞けて話せても、相手に教える力がなければ勤まる仕事ではないのです。だからこそ採用側は応募者の英語指導力を知りたいのです。

 

 なので、履歴書にはこれを忘れずに記述することが必要なのです。つまり、「どこでどのような英語指導法を学んだ」とか「どんな英会話教室でどれくらいの期間指導に当たった経験がある」などについて、履歴書に細かく記述することがポイントです。

 

  • 英会話スクールへの転職時の履歴書には、それまでの英語指導経験・指導技術をしっかりと記載することが大切。

本記事は2016/09/15の情報で、内容は教育、学習塾・予備校での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

教育、学習塾・予備校に関連する基礎知識

英会話教室の求人・転職事情

  1. 英会話教室業界の転職動向
  2. 英会話教室における採用職種
  3. 英会話教室の年収相場
  4. 英会話教室へ転職時の履歴書のポイント
  5. 英会話教室へ転職時の志願動機のポイント
  6. 英会話教室への転職に適した年齢
  7. よくある英会話教室への転職理由
  8. 英会話教室への転職で失敗しないために
  9. 日本人講師の求人
  10. 外国人講師の求人
  11. 事務職の求人
  12. 営業職(セールス)の求人
  13. マネージャーの求人
  14. 受付の求人
  15. フランチャイズ経営者の求人
  16. 新規開発統括責任者の求人
  17. カウンセラーの求人
  18. 正社員求人
  19. 派遣求人
  20. アルバイト求人
  21. 社会人(ビジネス)向け英会話教室の求人
  22. 英会話教室での独立・開業について
  23. オンライン英会話教室の求人
  24. ALTの求人
  25. 小学校英語補助教員の求人
  26. 児童用英会話教室の求人

パソコン教室の求人・転職事情

  1. パソコン教室の転職動向
  2. パソコン教室の仕事内容
  3. パソコン教室の採用職種の分類
  4. パソコン教室の転職と自己PR
  5. パソコン教室の転職と面接
  6. パソコン教室の転職と資格
  7. パソコン教室と学歴
  8. 正社員の求人
  9. 契約社員の求人
  10. パートの求人
  11. 常任講師の求人
  12. 残業が少ない求人
  13. 高収入の求人
  14. 経営が学べる求人
  15. 20代の転職例
  16. 30代の転職例
  17. 40代の転職例
  18. 50代の転職例
  19. パソコン教室の将来性
  20. パソコン教室の適性(向き・不向き)
  21. パソコン教室の福利厚生
  22. パソコン教室のやりがい
  23. パソコン教室の授業内容
  24. パソコン教室の入会契約
  25. パソコン教室の講師のスキルアップ
比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する