図書館司書の1日

職業:図書館司書

352views

imasia_13719010_M_R

 

1日の流れ

 出勤したら新聞や雑誌を差し替えたり、返却ポストに入っている図書の返却処理と配下をします。また、開館準備として館内の点検や整理を行います。そして、開館後には、カウンター業務(貸出・返却、利用者の方々の応対)が始まり、職員によっては予約本の処理や督促の電話をかけたり、他館との相互貸借本の運搬などを担当します。毎日ではありませんが、日常業務のほかに、新刊や新しい視聴覚資料の選定や発注、掲示物や図書館便りの作成、お話し会や読み聞かせ会を開催します。

 

 図書館は朝から夕方(または夜)まで連続して開館しますので、図書館司書は交代で昼休みを取ります。なお、図書館がもっとも忙しくなる時間帯は、開館直後と17時から19時頃までです。特に新着本が並ぶ曜日の朝などは開館と同時に多くの人が新刊目当てにやってきますし、平日ですと学校や仕事が終わってから図書館にやってくる利用者が多いため混雑します。そして図書館の閉館後は、館内の戸締りと点検をして翌日の開館に向けた準備を行い業務終了となります。

 

  • 図書館がもっとも忙しくなる時間帯は、開館直後と17時から19時頃まで。

 

休憩時間の過ごし方

 図書館ごとに休憩時間の過ごし方には違いがあります。完全に自由時間として館外にランチを食べに行ける場合もありますし、人数が少ない図書館ですと、もしもの時のための要員として、館内の職員休憩スペースで休憩をしなければいけない場合もあります。また休憩時間に館内の図書や雑誌を休憩室に持ち込んで読んでも良いとする図書館と、そのタイミングで借りたい利用者がいた時に困らないよう、はじめから禁止する図書館があります。

 

 なお、公共図書館では、正規職員の勤務時間は9時間拘束のうち7時間45分勤務です。そのため午後に15分の休憩時間を設けています。実働8時間の非常勤職員には本来そのような休憩時間はありませんが、慣習的に正規職員と一緒に午後の15分休憩を取れる図書館もあります。

 

  • 図書館によっては、緊急対応の要員として館内で休憩をしなければいけない場合も。

 

本記事は2015/08/14の情報で、内容は図書館司書としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する