図書館司書のアルバイト・派遣

職業:図書館司書

426views

imasia_14369723_M_R

 

図書館は非正規職員の多い職場

 全国の公共図書館で働く職員のうち、正規雇用による職員(都道府県または市町村職員)はおよそ3割程度で、大部分の職員は非正規雇用(臨時、嘱託、アルバイト)となっています。この非正規雇用の図書館司書も、最近は指定管理者制度を導入することによる民間事業者の社員(派遣、契約、アルバイト)であったりします。

 

 公共図書館では、その設置母体である自治体方針に基づいて運営されますが、図書館業務を外部委託する目的は、概ね専門性の高いサービスを提供するために図書館業務について訓練された人員を確保するため、そして人件費の削減のためです。十数年前から現在に至るまで公共図書館数は増加し続けていますが、これに比例して図書館司書の非正規職員も増加を続けています。また正規雇用の職員と非正規雇用の司書とでは、非正規雇用の割合が年々増えていっています。

 

  • 全国の公共図書館で働く職員の約7割が非正規雇用となっている。

 

無資格・未経験でも勤められる

 図書館司書のアルバイトの求人には、雇用条件に「図書館司書資格」とされることが多くありますが、「経験者」とされることはあまりありません。この背景には図書館司書の求人そのものが多くないこと、一度勤めると任期満了まで働き続ける人が多く、頻繁に人の入れ替わりがないことが挙げられます。もちろん経験者は優遇されますが、図書館司書は館内を歩き回ったり、重い本を運んだりする体力勝負の仕事でもありますので、未経験でも若くて体力があれば心配ありません。

 

 嘱託・臨時・委託事業所の契約職員が採用されると、通常1、2週間かけて正規職員や先輩の非正規職員から図書館司書としての基本業務を教わります。施設の設備や機材の使用方法を覚えたら、カウンターでの利用者応対を学びます。非正規職員の場合は職員研修はなく、実践の中で業務を身につけていきます。そのほか、新設される図書館の開館にともなって短期的にアルバイトを雇うことがありますが、この場合のアルバイトには図書館の勤務経験等は必要とされないことが多いです。

 

  • 若くて体力があれば、経験を問わない傾向にある。

 

予算がすべて

 自治体の臨時・嘱託職員、または図書館業務委託を受けて図書館事業を行う民間事業者の契約社員として図書館に勤める場合の求人は、現在欠員のある図書館やこれから図書館司書を必要とする図書館に対する募集に限定されますので、採用されれば原則として転勤はありません。

 

 ただし人件費として基本給の他に交通費が加算されますので、勤務地から住まいまでが遠いと交通費を多く支払わなければならず、人件費が増えることになります。採用基準を満たした応募者2名のうち1名だけを選ばなければならない時には、交通費のかからない人(勤務地に近いところに住んでいる人)が有利となる可能性があります。

 

  • 勤務地の近いところに応募した方が有利となる可能性も。

 

本記事は2015/08/14の情報で、内容は図書館司書としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する