転勤なしの図書館司書求人

職業:図書館司書

247views

imasia_12563467_M_R

 

国家公務員の場合

 国立国会図書館には東京本館と関西館の2館がありますので、転勤があるとすればこのどちらかです。

 

 国立大学法人の図書館では、図書系の職員として採用されると、まずは採用された大学の付属図書館に配属となります。その後は他の国立専門学校や国立の図書施設などへの転勤もあります。

 

 国会図書館、国立大学図書館いずれの場合も、転勤は本人の希望や家庭事情などを考慮した上で決まりますし、それほど頻繁に転勤があるわけではありません。

 

  • いずれの場合も、転勤は本人の希望や家庭事情などを考慮した上で決まる。

 

公共図書館の場合

 地方自治体の公務員として採用され、図書館に配属となった正規職員は、通常の公務員の異動と同じく数年単位で図書館以外の部署へ異動となります。ただし、図書館司書の資格を持ち図書館勤務を希望していれば、本人の意向を考慮した人員配置がなされますので、通常の事務よりは図書館に勤務できる機会は多く与えられます。

 

 自治体の臨時・嘱託職員、または図書館業務委託を受けて図書館事業を行う民間事業者の契約社員として図書館に勤める場合の求人は、現在欠員のある図書館やこれから図書館司書を必要とする図書館に対する募集がありますので、採用されれば原則として転勤はありません。転勤はありませんが、人件費の中には基本給の他に交通費が含まれますので、勤務地から住まいまでが遠いと交通費を多く支払わなければならず、同程度の応募者が2名おり1名を選ばなければならない時には、交通費のかからない人(勤務地に近いところに住んでいる方)が有利となる可能性があります。

 

  • 本人の意向は考慮されるものの、数年単位で図書館以外の部署へ異動となることも。

 

私立学校図書館の場合

 私立学校図書館の司書は学校毎に雇用されますので、転勤の可能性やその配属先については学校によって状況が異なります。私立学校の中には日本国内だけでなく、海外にも拠点を構えて学校を運営しているところもあります。そしてそこに図書館司書を配置する必要があるならば、転勤によって海外で働く可能性もあります。

 

 希望の私立学校で図書館司書として働きたいと考える場合、勤務場所や勤務内容、転勤の可能性について必ず事前に確認しておく必要があります。

 

  • 学校によって状況が異なる。転勤の可能性について事前に確認しておきたい。

 

本記事は2015/08/12の情報で、内容は図書館司書としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する