パタンナーと他職種との関係

職業:パタンナー

87views

pixta_22732828_M

 

デザイナーとの仕事

 パタンナーの仕事は、デザイナーが考えている服の形を具体的に服にすることです。デザイナーはそのシーズンのトレンドや情報を、セミナーやお客様、市場調査などから仕入れ、分析しています。デザイナーは頭でイメージしているものを絵やイメージ写真などで表現してくれるので、それを読み取ってパターンを作らなければなりません。

 

 パタンナーは最初の打ち合わせの時から、使う素材、仕様、サイズについて話し合い、デザイナーがどういう服を思い描いているか、絵だけでは伝わらないところを汲み取れるよう努力します。パターン作成の途中で、トワルを組むという白い見本の生地で作る作業の時は必ずデザイナーに見てもらうようにします。そこで、デザイナーのイメージ通りになるよう修正を加えてから、工場に送るパターン作成に入ります。

 

 工場からサンプルが上がってきたら、デザイナーに着てもらってチェックします。そこでもイメージ通りにできているか、着心地はどうかなど細かくチェックしてもらいます。何度かサンプルを上げ直し、修正を繰り返して1着の服ができあがります。パタンナーは、デザイナーと毎日コミュニケーションを取り、二人三脚で仕事に取り組みます。

 

  • パタンナーはデザイナーの意図を汲み取り、二人三脚でイメージ通りの服に仕上げていく。

 

営業との仕事

 企画会社ならデザイナー重視ですが、営業主体のメーカーなどでは営業マンと二人三脚で仕事を進めていくことになります。営業マンは男性が多いので、特にレディースアパレルの場合、細やかなセンスが男性には理解し難い面もあり、意思疎通が難しいケースも多々あります。

 

 営業マンは主にお客様と商談してトレンド情報を得ていますが、お客様にとっても何が流行るかトレンド分析は難しいところです。パタンナーといえども営業マンの得意先の店頭をチェックして、置いてあるものの中でどのような商品が売れているか市場をリサーチすることも大事な仕事です。営業マンとの仕事は直接売上げに貢献できるので、やりがいのある仕事のひとつです。

 

  • メーカーなどでは営業と共に仕事を進めることも。営業が得た情報だけに頼るのではなく、パタンナー自身が流行や売れ筋などをリサーチすることも大事。

 

MD(マーチャンダイザー・お客様のこと)との仕事

 営業マンが商談する相手のことをMD(マーチャンダイザー)といいます。パタンナーは基本的には内勤なので商談に立ち会うことはないのですが、お客様によっては別注の仕事もあり、営業マンを介してMDと話す機会もあります。

 

 別注の仕事で注意する点は、相手のイメージ通りのサンプルを上げる努力をすることです。特にサイズ感は各ブランドによってターゲットが違うので、同じMサイズでもヤングとミセスではサイズが違います。大きめサイズ専門のお店では特にサイズにシビアなところもあるので注意が必要です。サイズ展開があるブランドはとても多いので、事前によく確認しておきましょう。

 

 お客様との仕事は緊張感があり、普段聞けない情報も仕入れることができるので、自分のモチベーションを保つのに良い仕事です。

 

  • 別注などの場合は営業を介してMDと話すこともある。普段とは違う刺激を受け、様々な情報を入手できる良い機会。

 

本記事は2016/05/09の情報で、内容はパタンナーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する