パタンナーの仕事内容

職業:パタンナー

90views

pixta_22714476_M

 

パタンナーの具体的な仕事内容

  • デザイナー・営業との打ち合わせ

 パタンナーの仕事は打ち合わせから始まります。まず、デザイナーが描いたデザイン画をもとにするか、参考のサンプルを見て、いつのシーズンに売り出す物か、どんな素材で作るか、どこの工場で何色でサンプルを上げるか、納期などを話し合います。デザイナーのイメージ通りに服を作るために、また営業マンが売りやすい商品を作るために、着た時のサイズ感や丈感など絵ではわかりにくい細かな所まで話し合って方向性を決めていきます。

 

  • 縫製仕様書作り

 次に縫製仕様書というのを作ります。縫製仕様書とは、作るサンプルの細かなディティールをわかりやすく説明するためのもので、PCで書く会社もあれば、手書きの会社もあります。糸はどんな太さの物を使うか、ボタンの大きさは何mmか、ファスナーの長さは何cmかなど付属の指示を書いたり、どこに芯を貼るか何mmのステッチで縫うか、縫う手順など、とにかくサンプルを作ってくれる人に分かりやすく書いていきます。

 

  • 製図する

 パタンナーの仕事のうち一番大切で、一番の腕の見せ所です。会社によっては手書きで作るところや、CADという製図ソフトを使っているところもありますが、最近ではほぼCADを使ってパターン(製図)を作ります。一度製図ができたらそれを印刷し、白い見本用の生地(シーチング)で試しに作ります。これをトワルいいます。

 

 トワルは縫うのではなく、針だけでボディーという人体に付けていき、服のシルエットを確認するためのものです。一度、この段階でデザイナーにチェックしてもらい、なるべくイメージ通りになるよう作り直します。これが終われば、サンプルを作ってくれる人に向けて製図内にコメントや縫い代を書き足し、製図を完成させます。

 

  • サンプルチェック

 サンプル屋さんから1回目のサンプルが上がってきたら、それが指示通りできているかチェックします。サイズ、仕様(縫い方)、使われた生地、付属類(ボタンなど)の大きさ、長さ、ポケットの位置、その他しわや生地自体に傷はないか、ラベルの付け位置は合っているかなどをチェックし、デザイナーに実際に着てもらい、着心地、丈感、シルエットなどイメージ通りにできているか営業も交えて数人で検討します。その後修正箇所をパターンに反映し、もう一度サンプルを上げます。

 

 2回目も同様にチェックし、最終的なパターンを作ります。2回目のサンプルの出来次第では、3回上げる場合もあります。本番用のパターンができたら、郵送ではなく、最近はメールで海外の工場にも送ります。

 

  • 綿密な打ち合わを経て裁縫仕様書を作成し、パターン(製図)を作る。サンプルが指示通りの出来かをチェックし、修正を反映して最終的なパターンを完成させていく。

 

本記事は2016/05/06の情報で、内容はパタンナーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する