パティシエの年収相場

職業:パティシエ

764views

imasia_13522519_M

 

パティシエの年収事情

 パティシエの採用先が数多くあるように、その給料事情も様々です。最初は平均的なサラリーマンより低いことがほとんどですが、その後シェフになったり、独立したりすれば一気に跳ね上がる可能性もあります。

 

個人店の年収・給料

 専門学校卒業後、1年目パティシエの給料は手取りで12~18万円程度です。給料が低いお店ほど保険に入っていないことが多いので、そこからさらに保険料を自腹で払います。残業という概念はそもそもないので、残業代の事は考えない方が良いです。

 

 ボーナスも無いことがほとんどなので、年収相場は150~200万円くらいです。昇給もスムーズにできる事はほぼないので、ある程度の年齢までこの状態が続くと考えておいたほうが良いです。

 

  • 個人店の年収は低めで、ボーナスや昇給もないところが多い。

 

ホテルは比較的高待遇

 ホテルは社会保険完備、ボーナスも支給される事が多いです。1年目の月収は16~20万円ほど、年収で200~250万円程度はもらえます。個人店と比べると下限がそれなりなので、そこまでの不安はないはずです。

 

 ただ、残業をさせないようにしている職場が多いので、残業代はあまりあてにできません。しかし、昇給もきちんと整備されている事が多いですし、社員の定着率も高いので、そのまま役職が上がっていけば、安定して収入が上がっていきます。

 

  • 社会保険加入やボーナス、昇給などの制度が整っている職場が多く、年収も安定している。残業代は期待しない方が良い。

 

高年収が期待できる工場勤務

 工場は大きな企業である場合が多いので、賃金形態はかなりきちんとしています。基本的にはホテルと変わらないくらいです。ホテルに比べると、個人店並みの労働時間で働いている職場も存在します。そういった場合、残業代がしっかり出る会社だと、残業代で10万円を超えるような職場も実際に存在します。

 

 年収も高めのところが多く、1年目で250~300万円くらいです。このような企業でシェフクラスになれば年収は600万円~が相場、1000万円を超える事もざらにあります。

 

  • 長時間勤務で残業代が付いたり役職に就けば、かなりの高年収になることも。

 

本記事は2015/08/04の情報で、内容はパティシエとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する