作業療法士の年収相場

職業:作業療法士

256views

imasia_11688349_M

 

作業療法士の平均年収は?

 作業療法士の年収は職場によって大きく変わってきます。また、地方か都会かによっても異なります。新卒の基本給は一般企業に比べると少ない場合もありますが、大概は作業療法士としての資格手当などが付いてきて合計で平均的な給料になります。平均的には30代で年収400万円ほどです。

 

  • 病院の給料

 作業療法士の学校が少し前から多くなり、有資格者が急激に増えたことから、ベテランが少なく経験年数が浅い若手の作業療法士が多いという状態になっています。

 

 経験が浅い人が多いのと、職場によっては作業療法士の人数も少なかったりするので、働き始めて短い期間で部長などの役職を任せられるなどといったこともあります。その場合は、役職手当が付くので同じ病院で長く勤めていれば昇進、昇給は比較的しやすいです。また、市民病院などに就職すれば公務員扱いとなりますので、公務員の規定に沿って給料は上がっていきます。

 

  • 介護福祉施設での給料

 デイサービスやデイケアなどの場合は施設の管理者を兼務する場合があります。その場合、病院よりは給料面は良い条件であることが多いです。

 

  • 介護老人保健施設

 介護老人保健施設で働く作業療法士の数が少ないため、その分仕事の量が多い職場が目立ちます。そのため給料も高く設定しており、経験がある人を募集している傾向があります。

 

 作業療法士は経験を積むことである程度評価してもらえるので、経験を積んでよりやりがいのある職場や給料面の良い条件の職場に転職する人も多いです。また療法士同士の横の繋がりもできやすく、他の職場とのコネも作りやすいので転職も比較的簡単にしやすい面があります。

 

  • 職場や地域にもよるが、年収相場は30代で400万円程度。作業療法士の人数が少なく業務量が多かったり、役職者になれば年収は上がる。

 

パートの時給は比較的高め

  パートの求人を募集していることも多く、時給は1500円から3000円ぐらいと幅は大きいですが、比較的高めにはなっています。病院や施設によっては慢性的に人手不足であったり、シフトの関係でパートを募集しているところが多いです。普段、常勤で勤務していても休みの日だけお小遣い稼ぎにパートで他の病院や施設に週1回だけ働きに行くという作業療法士もいます。

 

本記事は2016/04/19の情報で、内容は作業療法士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する