作業療法士の仕事内容

職業:作業療法士

72views

imasia_5088495_M_R

 

初めに利用者様のことを知り、考える

 作業療法士の仕事は利用者様のリハビリのお手伝いをすることです。医師の指示のもとにそれぞれの利用者様に合せたリハビリのメニューを考えて実行していきます。リハビリを行うにあたって、まず初めに評価を行います。利用者様の現在の状態を総合的に捉えて、どこに問題点があり、アプローチをしていくべきなのかを考えてから進めていくことになります。

 

 評価を行うためには利用者様の疾患や健康状態、現在の生活スタイル、医師からの情報、利用者様と実際に話して想いを傾聴するなど色々なところから情報収集を行い、その情報を統合してリハビリの目標を定めていきます。これらのことをせずにいきなりリハビリを行うと何を第一の目標にしているのか分からないまま進めてしまうことになってしまうので非常に重要になってきます。

 

 リハビリの目標は人によって様々ですが、その利用者様が自分らしい生活、人生を再び送ることを考えていきます。目標が定まれば色々な面からお手伝いを行っていきます。

 

  • 利用者様の状態や医師からの情報をもとに目標を設定し、リハビリのメニューを考えて実行する。

 

作業療法士の具体的な仕事内容

  • 機能面へのアプローチ

 長い間寝たきりで弱ってしまった筋力を鍛え直したり、動きにくくなってしまった関節を動きやすくするようにしたり、健康状態を改善させるためのお手伝いをします。直接、徒手的に利用者様の体を触って行う方法もあれば、ジムにあるような筋力トレーニングマシンを利用したり、電気治療のような医療機器を使ったりと方法は様々です。

 

  • 活動や参加へのアプローチ

 機能面が良くなっても実際にそれが実際の生活の場で活かせなければ意味がありません。例えば片手しか使うことができない利用者様に対して片手でも料理が作れる方法を伝えして練習を行ったり、実際に料理を作ってみたりもします。作業療法士は名前の通り、作業を通してアプローチを行うのを得意としています。

 

  • 環境へのアプローチ

 障がいがある方が自宅でも安全に暮らすことができるように、手すりの設置や車いす、ベッドの選定などを行いアドバイスすることもあります。また自助具といって利用者様ができない、しにくい作業がしやすくなるための道具を選定したり、自分で作成することもあります。住宅や道具だけでなく、その利用者様が動きやすい方法を担当の介護士に伝えて、介護の時に実施していただくなど周りの人的な環境を変えていくということにも関与していきます。

 

 以上のような色々な面からアプローチして、利用者様の生活や人生がより良いものになるようにお手伝いをしていくことが作業療法士の仕事となります。実際には作業療法士が1人でリハビリを行うのではなく医師や他のリハビリ職の理学療法士、言語療法士、介護士、利用者様の家族など多くの方と協同して共通の目標に向けて進めていくことになります。

 

  • 利用者様の生活がより良くなるよう、様々な角度からアプローチしてお手伝いをしていく。

 

本記事は2016/04/19の情報で、内容は作業療法士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する