男性の看護助手の勤務事情

職業:看護助手

325views

imasia_9613876_M

 

医療・介護の場で増えつつある男性職員

 最近の傾向として、かつて女性の職業としての認識が強かった方面にも男性の進出が増えてきています。それは医療や介護の場でも例外ではなく、男性看護師や男性看護助手の増加という形で現れています。病院や介護施設を訪れると、制服だけでは職種が判別できないものの、かつてより男性職員が多くなってきていることが分かります。

 

介護において男性の力が必要な事情

 高齢者が多く入院している病院や介護福祉施設では、患者様の介助の場面では力仕事がとても多いのが実情です。入浴介助や排泄介助、体位交換など女性スタッフだけだと多くの人数でなければ無理な場面でも、男性だとそれほど人手がなくても対応できます。認知症の患者様の中には女性職員に対して暴力的な態度をとったりする人もいますが、男性職員がいることで防げる時もあります。スタッフと患者様の双方の安全のために男性スタッフの存在が必要なケースが多いのです。

 

 また、更衣や入浴、トイレ介助の時に患者様や利用者様の中には同性の職員に対応してもらうことを望む人もいます。高齢者といえどもその方の羞恥心を理解し、尊重して相手に負担にならないような介助を心がけることは大事です。そのためにも男女両方の職員が揃っているような環境を整えていくことが必要になってきています。

 

 男性の看護助手は介護の場で活躍する事が多くなるものの、基本的な業務は変わりません。ただ女性スタッフの割合が多い職場だと力仕事の時につい頼りにされてしまう可能性はあります。

 

  • 介護業務では力仕事が多く、同性の生活介助を望む患者もいるため、男女両方のスタッフが揃っていることが望ましい。

 

職場全体としての男性の必要性

 女性ばかりの職場では派閥や人間関係のトラブルが生じやすいものです。そこに異性である男性スタッフが入ることで職場の雰囲気が変わり和やかになることもあります。

 

 男性からすれば、女性の多い職場に入ってコミュケーションが上手く取れるだろうか、仕事をする上で問題はないだろうかと不安に感じる人もいます。しかし、医療・介護の場では職員は同じ業務に協力してあたりますので案外そのような心配はなく、順応できている人が大半です。看護助手は、男性職員としての特性を活かし、必要とされる職場で十分に活躍できる職種です。

 

本記事は2016/04/19の情報で、内容は看護助手としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する