図書館司書で求められる人材像・採用基準

職業:図書館司書

1431views

imasia_7600786_M_R

 

利用者を第一に考え、実行できる人

 図書館には非常に沢山の資料があります。そして、その分野は文学や技術、政治・経済や自然科学など多岐にわたり、資料の形態も本からCD、DVDまで様々なものがあります。図書館司書の理想は世の中の出版物とその内容を全て把握していることですが、そのようなことはまず不可能です。

 

 それでも、図書館利用者と資料を結びつける重要な役割として図書館司書があるのですから、図書館司書は自館で所有する蔵書や資料について、できる限り多くの知識を備えておかなければなりませんし、自館にない本や定期刊行物などをどのように利用者に届けることができるか等、資料の入手方法をいくつか知っておかなければなりません。

 

 またそれに加え、毎日新しく発刊される本や雑誌などに対しても情報を収集し、最新情報を積極的に取得していかなければなりません。資料の検索などは時に根気を要します。静かな熱意を持ってコツコツと地味な作業を続けることや、図書館利用者の役に立つためにこうした努力を惜しまない人が、図書館には求められています。

 

  • 利用者の役に立つために努力を惜しまない人が、図書館には求められている。

 

転職ならではの多彩な経験を活かす

 転職の際に求められるスキルとして、まず基本的なワード・エクセル・パワーポイントが使用できること、業務を素早く正確に処理できることなどがありますが、電話や面前での利用者応対や業務の報告や連絡ができるか、正しく日本語が使えるか等、マナーなども採用時の基準となります。

 

 転職者が新卒者と大きく異なる点は「基本的な社会人としてのマナーが普通に備わっていること」です。特に利用者応対がメインとなる図書館司書の仕事においては、カウンター業務や電話の応対など、円滑にコミュニケーションができるための明朗な性格であることは重要です。

 

 また、図書館で取り扱う情報に利用者の個人情報はそれほど大きなウエイトを占めてはいませんが、コンプライアンスを遵守できることも重要です。これまでの勤務経験の中で図書館司書として活かせる能力が他にもないか、転職の際には一度自分なりに思い起こして書きだしてみると良いです。

 

  • 社会人としてのマナーが普通に備わっている点も重要。

 

コミュニケーションスキルと人物重視

 図書館司書の仕事は図書館内の清掃や資料の点検や管理など地道な仕事がたくさんあります。レファレンスをはじめとするカウンター業務やお話し会・図書館まつりのイベントのことだけを考えていては、地道な仕事や作業が苦痛となり、図書館司書の仕事をつまらなく感じてしまうかもしれません。このため、目標に向かって地道な作業にも熱心に取り組むことができる人が求められます。

 

 そして、複数の業務の優先順位を考え、臨機応変に対処できる能力や、機敏性や柔軟性、また人とうまくコミュニケーションをとれる能力も必要とされます。総合的にバランスのとれた人物であることは必要不可欠です。常に自分を磨き、図書館司書としてスキルアップのための努力を惜しまない人が、図書館業界におけるプロフェッショナルとなっていくのです。

 

 大切なのは、知識や経験よりも仕事に取り組むひたむきな姿勢やその姿勢の根底にある人間性です。図書館司書が相手とするのは「資料」ではなく、利用者をはじめとする「人」であることを忘れないでください。

 

  • 総合的にバランスのとれた人物であることは必要不可欠。

 

本記事は2015/08/10の情報で、内容は図書館司書としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する