図書館司書の採用先の分類

職業:図書館司書

627views

imasia_15213606_M_R

 

図書館司書の4つの採用先

 図書館司書の採用先について、ここでは大きく4つの分類に分けています。

 

  • 国家公務員としての図書館司書

 国家公務員試験には「国立国会図書館」や「国立大学法人(事務・図書系)」の専門試験があり、これに合格すると、国会図書館や大学図書館に就職することができます。確実に図書館で働くことができますが、図書館情報学など専門的な試験があり、図書館で働く人にとっては最も難易度の高い職場です。

 

 扱う本の種類は多岐にわたりますが、国内に1冊しかない貴重な本などの収集や保管という意味で重要な役割を果たしています。また、論文や学術雑誌などは電子図書館で管理します。図書館司書は主にこれらの本やウェブサイトを維持管理し、必要に応じて内外に貸出しを行っています。

 

  • 公立図書館で働く図書館司書

 公立図書館で働く場合は、正規職員と非正規職員で就職方法が異なります。まず正規職員については、自治体によって図書館の専門職の採用枠を設けているところもありますが、地方自治体の採用試験に合格し、図書館に配属が決まるのを待つというのが一般的です。また、正規職員には人事異動があるため、図書館でずっと勤め続けることは難しいです。

 

 そして非正規職員については、各地方自治体が募集する図書館職員(有期雇用)に応募し、採用されることで就職が決まります。応募資格に図書館司書資格保有者であることを必須とする自治体と、必須としない自治体があります。

 

 公立図書館では、一般に広く読まれる本や定期刊行物などを幅広く扱います。利用者も多く蔵書は流行に左右されるため、人気作家の最新本などは1館で数十冊を購入することがあります。図書館司書には様々な目的で訪れる利用者の要求に応える、迅速な図書館サービスが求められます。

 

  • 公立学校図書館の図書館司書

 学校図書館では、教員採用試験に合格した職員が「司書教諭」として勤める場合や「学校司書」としてパートタイマーで採用する場合があり、図書館職員の採用方法は、各自治体の教育員会等によって方針が異なっています。

 

 生徒が調べ学習や読書感想文に使用する本を多く揃える必要があり、児童書を始め図鑑や辞典などの種類が充実しています。

 

  • 私立学校図書館の図書館司書

 私立学校の職員は公立学校とは異なり、学校毎に職員の採用を行っています。そのため図書館職員として働くためには、それぞれの学校に募集があるかを確認しなければなりません。私立学校に図書館職員として正採用されれば、希望の仕事に就くことができ、収入面も安定します。

 

 私立学校、特に私立大学の図書館となりますと、蔵書は専門性の高いものとなりますので、図書館司書には学校の特色に応じた本の専門知識が必要とされます。

 

  • 確実に図書館で働きたいのならば、国家公務員の専門試験に合格したいところ。

 

本記事は2015/08/07の情報で、内容は図書館司書としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する