30代の看護助手の転職事情

職業:看護助手

85views

imasia_13313787_M

 

30代の転職が一番多い

 実は看護助手の転職は30代が一番多いのです。それは、子どもが小学校に上がるなどして私生活の変化が起こるのが30代が多いからです。子どもが小さい頃は病気をしたり留守番ができなかったりなどで日勤のみで働く人がほとんどですが、子どもが大きくなれば留守番もできるようになり、成長につれてお金も必要になってきます。そこで新天地で交代制で働いてみようと意欲が湧き、転職をするケースが多いのです。

 

 30代は看護助手ではまだまだ若い方なので、転職先はいくらでもあります。また子どもがいても支障にはなりません。看護助手も看護助手も、30代だと結婚して子どもがいる人も多いですし、シングルマザーの人も少なくありません。30代だからと転職を躊躇する必要はありません。

 

  • 子どもの成長がきっかけで新天地でばりばり働こうと考えるなど、30代の看護助手の転職は非常に多い。

 

30代の看護助手の転職の注意点

 30代の看護助手が転職をする際の注意点として、子どもがいる場合は病気になった時の預け先を確保しておくことが大事です。小学校入学以降でもまだ病気になることもある年齢なので、旦那さんや祖父母に面倒を見てもらえるよう協力をお願いしておきましょう。

 

 看護助手に限らずですが、急な欠勤が多いと良い印象は持たれず、最悪の場合は退職せざるを得なくなることもあります。特に交代制の看護助手の場合、急に休むと他の人に大きな迷惑を掛けてしまうので、なるべく休まないようにしなければいけません。面接の時に子どもが病気の場合はどうするか質問されたらきちんと答えられるようにしておくことです。

 

 また独身の30代の看護助手の場合は、結婚したら仕事はどうするかと聞かれますが、続けると答えた方がやはり採用されやすいです。

 

  • 子どもが病気の時も欠勤せずに済むような体制を作っておく。

 

30代の看護助手は重宝される

 30代は体力的にも精神的にも充実しており、非常に重宝され、看護助手として転職するにはとても良い年代です。転職する際もまだ多くの病院や施設を応募者が選ぶことができます。元々看護助手は年齢制限がないところがほとんどですが、30代ならばほぼ面接まで辿り着けます。看護師も30代が多いので、新しい職場に行っても打ち解けやすいはずです。医療の場では「もう30代」ではなく「まだ30代」なのです。

 

本記事は2016/04/15の情報で、内容は看護助手としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する