介護・福祉施設の看護助手の求人

職業:看護助手

21views

imasia_7255960_M

 

介護施設の急増とスタッフのニーズ

 高齢者社会と言われる近年、その社会の動きによってニーズが生まれ、介護施設の数が急増しています。新しい施設ができればスタッフが必要になるので、介護施設の看護助手の求人は常に複数あり、応募者側が選べるほどになってきています。

 

 施設には様々な種類があり、有料老人ホームや特別養護用心ホーム、グループホーム、介護老人保健施設など、運営母体の違いや、入居者の介護度や入居にかかる費用、サービス内容の違いがあります。また、居宅サービスといって、主なる生活の場は自宅ですが通所することにより介護のサービスを受けられる形があり、デイケア、デイサービスと呼ばれています。

 

各施設の看護助手の仕事内容

 介護施設においても病院での勤務と同様24時間のシフト制となり、利用者様の日常生活の援助が主なものとなります。資格がなくても就職できますが、「介護職員初任者研修」以上の資格があると就職の視点では有利になります。

 

 介護施設は高齢のため一人で自宅で生活する事が難しくなった方や認知症など病気のため介助を必要とするお年寄りが生活する場ですので、利用者様の状態によって必要とされる介助の度合いが変わってきます。

 

 通所サービスを受けている利用者様の場合は、身の回りのことが自分でできている方が多いので、介助が必要な部分のみを手伝います。

 

 一方で入所施設では、体の機能がそれほど不自由でない方もいれば、食事や更衣、入浴や排泄など、日常におけるそのほとんどを介助による助けが必要な方もいます。それぞれの方にどんな介助が必要かを考えながら仕事をすることが大事です。また、病院と違って生活の場ですので、介助だけでなくリハビリを兼ねたレクリエーションや季節の行事なども行われるため、その企画や準備の仕事もあります。

 

  • 利用者の状態に応じて、必要な介助を行う。入所施設では介助の他に行事の企画や準備などを行うことも。

 

やる気が活かされ求められる職場

 いずれの施設も高齢者や身体が不自由になり日常生活に支障のある方の施設ですので、仕事は楽なものではありません、それゆえに、学歴や過去の職歴よりも、施設の仕事に関する知識や技術を学ぼうとする前向きな姿勢、誰かのために役に立てる仕事に就きたいという気持ちや責任感が重要視されます。

 

 人材不足のため、介護施設の看護助手の求人も増えています。介護の仕事をしてみたいと思う人は自分の希望条件に合った施設の門を叩いてみましょう。

 

本記事は2016/04/14の情報で、内容は看護助手としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する