看護助手の魅力とやりがい

職業:看護助手

206views

imasia_5954601_M

 

医療施設の職員として働くということ

 医者や看護師の有資格者は実習に多くの時間が費やされますし、そのための勉強もしてきていますが、特定の資格がなくても採用されることの多い看護助手は、職場としての医療現場の情報がないまま仕事に就くことが多いです。

 

 患者の立場から病院を見ていた感覚とはかなり異なり、言うなれば病院の裏側を見ることになります。介護施設においても同じで、介護サービスを受ける側ではなく提供する側となるので驚くことも多いものです。しかし、医療や介護の場で仕事をしていくうちに、看護助手の業務における魅力ややりがいが見つかり、携わらなければ分からないその存在の重要性も見えてきます。

 

仕事上の魅力

 看護助手は一般的に雇用年齢の幅が広く、病院に限らず高齢者のための施設などでも募集されています。新たに医療や介護関連の仕事を考えた時に就労しやすいということは魅力の一つです。経験のない職種に挑戦するのは不安がつきものですが、新鮮な感覚で覚えていく仕事は関心を持って取り組んでいけますし、一つ覚えるのにも苦労した用語も、気付けば自然と身に付いているものです。

 

 やがては職場の一戦力として認められ、患者様や看護師など一緒に働くチームの皆の役に立っているのだと実感できます。看護助手の仕事自体はハードな面が多く苦労も多いのが実情ですが、自分の仕事が人に喜ばれることを実感できる職種です。

 

  • 医療や介護の場で働きたいと考えた時に年齢を問わず雇用されやすく、医療チームの一員として働くことができるのは魅力。

 

人の役に立ち、喜んでもらえることがやりがい

 医療関係の職場では、看護助手に任される業務は多種多様です。患者様のお世話から一見雑務と思われる仕事もありますが、一つ一つの業務に責任感を持ってこなし、周りへの気配りをすることで上司や同僚からの信頼も厚くなり、自分にとって資格以上の価値が生まれます。バックグランドの業務を看護助手が担うことで看護師が医療業務に専念できるということは大きな意味があるのです。

 

 また、介護業務において患者様や利用者様への介助やお世話に携わることで、その方の生活に関わっているという重要性を知り、人に対して優しく接する気持ちも養われていきます。認知機能や身体の機能が落ちている高齢者や病気の方々に対して、個々を尊重するといった大切なことを仕事を通して学ぶことができ、自分の仕事が人の役に立ち、そして喜ばれる看護助手という職業は、充実感とやりがいを感じることができます。

 

  • 看護師のサポート業務は医療現場において意義深いものであり、高齢者や患者の役に立ち、喜んでもらえるということは充実感につながる。

 

本記事は2016/04/14の情報で、内容は看護助手としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する