在宅サービス(訪問系)の介護福祉士の求人

職業:介護福祉士

21views

imasia_14608124_M_R

 

介護ヘルパーや訪問介護員と呼ばれる訪問介護

 介護ヘルパーや訪問介護員という言葉が、このサービスにあたります。介護が必要な高齢者がいる自宅に、訪問介護事業所から、介護を行う職員を派遣するサービスです。

 

 訪問介護において介護福祉士とは、非常に大切な存在です。どんな介護サービス事業所でも、基本的に管理者をおかなければなりません。訪問介護事業所の場合は、介護福祉士であれば管理者になれますし、さらにサービス提供責任者という役職にも就くことが出来ます。そういったところから、介護福祉士の役割が大きいのです。

 

 もちろん、管理者やサービス提供者として転職するのであれば、それなりの責任を担う必要があります。ですから、子育て中でありプライベートの方で忙しい人や、責任ある立場には就きたくない人の場合には、訪問介護事業所への転職はあまり向いていないといえます。転職したばかりは要職に就かないとしても、ゆくゆくは可能性があります。

 

  • 訪問介護においては、介護福祉士の役割が大きく、管理者やサービス提供者として転職する事も可能。

 

訪問入浴

 自宅へ訪問するのは訪問介護と同様ですが、訪問入浴の場合は、介護が必要になった高齢者で自宅のお風呂に入れない方に、簡易浴槽を持っていって入浴してもらうという目的があります。

 

 丈夫な人なら何気なく行う入浴が、介護が必要になると大変な作業となり、転倒するなどの危険も大きくなります。その状態になっても無理にお風呂に入れようとしてしまうと、介護をする側が高齢の配偶者である場合には、両方の危険が伴います。

 

 そして訪問入浴の場合、対象者の健康状態をしっかり把握した後でないと危険が伴いますので、看護職員を配置することになっています。そのため、訪問介護のように介護福祉士が前面に出ていくことは、基本的にはありません。

 

  • 看護職員が配置されているので、訪問介護のように介護福祉士が前面に出ていくことは、基本的にない。

 

本記事は2016/03/31の情報で、内容は介護福祉士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する