不動産仲介会社の1日

業界:不動産仲介・売買会社

42views

imasia_15117927_M

 

営業マンの1日の仕事の流れ

  • 土日・祝日の営業マンの仕事の流れ

 一般的に土日・祝日は、営業マンは朝出勤しメールチェック → その日の広告チェック(土曜日に折り込みチラシを入れることが多いため)→ ミーティング → 店舗開店という流れです。その後アポイントがあれば案内・物件立会い・価格査定などで店舗から外出する人と、来店客や電話反響を待つため店舗で待機する営業マンに分かれます。他にオープンハウスや契約など基本的にエンドユーザーとコンタクトを取る業務が主になります。これらは顧客優先で決まるため業務内容及び勤務時間、休憩時間はそれぞれ違います。

 

 契約以外のこれらの業務は日が明るい間に行うため、18時くらいには終了して外出している営業マンも店舗に帰社します。その後、上司に成果報告をして業務終了で、契約・顧客との打ち合わせ等が残っていれば残業になります。以前は営業マンが夜遅くまで仕事をしている会社もありましたが、最近は大手・中小問わず20時頃には退社しているところが多くなっています。

 

  • 平日の営業マンの仕事の流れ

 平日の営業マンの仕事の流れも店舗開店までは基本的に土日・祝日と同じです。その後の業務は主に役所調査・現地調査・決済・引渡し・一般事務処理等になります。調査関係や決済は必ず日中に行いますが、契約書類や広告の作成のような事務処理等はその間の時間に行うのが一般的です。

 

 これらに加えて顧客との電話対応や訪問など突然の仕事が入る場合があるため、契約件数が多い営業マンは時間管理が非常に重要になります。また、法人仲介営業マンはこれに案内・契約業務が加わります。

 

  • 土日平日を問わず顧客対応が最優先。土日は物件案内や査定で外出する人と店舗で待機する人に分かれる。平日は調査や決済、事務処理などの比重が多くなる。

 

営業事務の仕事の流れ

 営業事務は出社後、店舗清掃など店舗の開店準備を行います。その後は来店客の接客、電話取次ぎ、これらに物件確認などの営業事務や経理事務が加わります。繁忙期や多忙な店舗・営業所でなければ定時に退社し、残業した場合は手当がつくのが一般的です。

 

本記事は2016/03/29の情報で、内容は不動産仲介・売買会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する