介護福祉士の転職と年齢

職業:介護福祉士

79views

imasia_9920762_M_R

 

若ければ無茶がきく

 無茶を言い換えると「変則勤務に対応できる」ということになります。

 

 例えば、特別養護老人ホームや地域密着型介護老人福祉施設のように、介護高齢者が施設に入居する場合、夜勤という勤務形態が必須になります。そして、夜勤の方が日中に比べ職員の数が極端に少なくなりますので、当然ながらその仕事は身体的な負担がかかります。

 

 特別養護老人ホームの場合、入居者3人に対し1人の介護職員を配置しなければならない決まりがありますが、これが夜勤になると、入居者24人に対して1人の職員配置だけで良くなるので、単純計算をすれば1人で24人の入居者の介護をしなければならなくなります。

 

 夜勤は、16時から仕事に入り翌日の9時までが拘束時間で、うち休憩が一時間の場合には16時間労働となります。施設によっては18時間労働の場合もありますし、逆に12時間、10時間、8時間と少ない場合もあります。

 

 いずれにしても、人間の体は自然と夜に眠くなるようになっていますので、この間に働くというのはかなりの負担となります。そして、相手は人間であり、高齢者であり、介護が必要です。そうなってくると、精神的な負担も非常に大きなものとなります。そのため、夜勤がある職場に転職する場合には、若ければ若い方が有利といえます。

 

  • 夜勤がある職場に転職する場合には、若い方が有利。

 

年齢と経験が比例する場合

 介護福祉士資格は、実務経験や研修を修了していないと受験資格すらありません。そのため、介護福祉士を取得している人は、何かしら現場での経験を積んでいる人が多いといえます。

 

 介護の世界においても経験は大切です。介護の世界に入りたての頃は、無茶な体勢や力の入れ方の介護をしてしまい、よく腰痛になりますが、経験を積めば少ない力で最大の効果を得られる介助が出来るようになります。

 

 そのため、年齢を重ねていたとしても、その経験を活かせる介護現場であれば、体力の衰えなどをあまり感じさせずに転職することが可能といえます。訪問介護などは、上手な介護をすれば負担は少ないですし、介護福祉士であればサービス提供責任者になることも可能です。

 

  • 年齢を重ねていたとしても、経験が活かせる介護現場であれば転職することが可能。

 

年を重ねた後の転職なら小規模事業所

 グループホームという施設があります。正式名称が「認知症対応型共同生活介護」ということから解るように、認知症の方が生活出来る施設です。

 

 数名の入居者の方が一つのグループとして共同生活をしていますが、人数の上限は9名程度です。そのため、特別養護老人ホームの24名と比べると、はるかに少ない入居者の介護をすることが出来ます。それなりに年齢を重ねている場合には、このような小規模の事業所への転職が良い傾向にあります。

 

 しかしながら注意したいのは、認知症の方の場合、夜中ずっと起きていることもあります。全体としては9人しかいなくても、1人の方が起きていて深夜に長時間面倒をみるというのは、経験しなければ解らない大変さがあります。

 

 また、利用者の数が少ない通所介護への転職もおすすめです。入浴の介助は忙しいかもしれませんが、それさえ終われば一緒に体操やレクリエーション、農作業などを楽しむことも出来ます。宿泊サービスを実施している場合は別ですが、夜勤がない職場も多いです。

 

  • 年齢を重ねている場合には、グループホームや通所介護への転職が良い傾向。

 

本記事は2016/03/25の情報で、内容は介護福祉士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する