校正者になるには

職業:校正

143views

imasia_9757890_M_R

 

専門学校で学ぶ

 校正者になるためのルートの一つとして、専門学校で所定のカリキュラムを履修するという方法があります。これは編集や出版などの業界に就職することを目的とした専門学校などに校正のコースが設けられており、卒業によって独自の民間資格を与えられたり、試験を受けて上位の校正資格を取得するというものです。

 

 校正の基本的な作業から組版、そして印刷まで総合的な知識とスキルの修得を目指すため、レベルの高い校正技能を身に付けられます。また、卒業生には校正職の斡旋なども行われるため、確実性の高い方法です。

 

  • 専門学校の校正コースでは校正作業や印刷の知識などを学ぶことができ、就職先を斡旋してもらえることもある。

 

未経験から実務を積む

 最も多いのが実際に就業しながら校正技能を身に付けていくという方法です。校正は特別な資格がなくてもなれる職業であるため、実際には企業で実務経験を積んだ叩き上げの技術者が最も多くなっています。

 

 校正の仕事のなかには未経験からでも就業できるものや、アルバイトや短期の派遣社員などキャリアアップにうってつけの働き方も豊富です。また、社内の異動などで編集や制作、または印刷現場などから校正部門を任されることも多く、着実に経験を積むことで誰でも校正者になるチャンスが広がっています。

 

  • 実務を通して校正技術を身に付けるパターンが最も多い。未経験可の案件を着実にこなしていったり、関連部署からの異動というケースもある。

 

通信教育課程で学ぶ

 校正技能を習得するために人気のある方法が、通信教育の校正講座を受講するというものです。校正職に興味があっても未経験からいきなり業界に飛び込むことに不安があったり、専門学校に通う時間と資金が確保できない人などに最適な方法の一つです。

 

 受講料も分割で無理なく支払うことができ、何よりも自分のペースで学習できるため他の職業に就きながらでも校正技能を身に付けることができるのが魅力です。また、通信教育であるため課題を添削してアドバイスをくれたり、講座修了者には仕事の斡旋を行ってくれる場合もあるなど、様々なメリットがあります。

 

  • 通信教育は、就業中の人や時間的・金銭的に専門学校に通学できない人に人気がある。

 

本記事は2016/03/25の情報で、内容は校正としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する