介護福祉士の採用先の分類

職業:介護福祉士

26views

imasia_7097418_M_R

 

入所施設系

 介護保険制度には、介護を提供するサービスが30近くあるのですが、その中で「介護保険施設」と呼ばれるのは、「特別養護老人ホーム」、「介護老人保健施設」、「介護療養型医療施設」の3つしかありません。介護保険施設には、それぞれの特徴があります。

 

 特別養護老人ホームは、介護福祉士が勤める上で比較的安定した職場です。というのは、終の棲家と呼ばれているほど介護というよりも「生活」に密着し、人生の最期を迎えることが多い施設だからです。まさに、介護の専門家である介護福祉士の能力を発揮する場です。

 

 介護老人保健施設は、特別養護老人ホームほど生活に密着できる施設ではありません。簡単に言えば、病気や怪我で入院し、それまでの自宅では段差があるなど退院することが難しい場合に、介護老人保健施設に入所してリハビリを主に行い、その間に自宅で生活できる環境を整える役割の施設です。そのため、生活というよりもリハビリが主になり、自宅に帰ることを支援するための介護を行う職場です。

 

 介護療養型医療施設は、特別養護老人ホームでは対応できない医療的な行為が必要な利用者さんが入所する施設です。例えば、喀痰吸引が夜間も必要な場合や、中心静脈栄養や鼻腔栄養といった処置を行っている場合です。しかし、この施設は国の方針によって、打ち切りとなることが決まっています。

 

  • 特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設の3つ。

 

在宅系

 前述した、介護保険施設以外は全て在宅系のサービス、つまり自宅という家(賃貸物件)をもって、そこで生活することを支えるサービスです。

 

 ここでの介護福祉士の役割は、自分の職場に利用者さんが来てくれた時に、どれだけその人の生活を支える事が出来るかを考え、他のサービスと目標を共有するということにあります。

 

 例えば、通所介護(デイサービス)で働いているとします。デイサービスは基本的に日帰りサービスです。朝、同居している子ども世帯が出勤する前、或いは出勤した後に自宅へ迎えに行き、デイサービスへお連れして、体を動かす体操や他者と交流できるレクリエーション、そしてお風呂などを行う訳ですが、介護福祉士は、主にこれら全ての業務に関わることが出来ます。

 

 また、在宅系サービスであれば、介護福祉士を取得しているという事は相談員という立場で働く事が出来るとみなされます。ただし、当然ながらそれなりの責任は覚悟する必要があります。

 

  • 介護保険施設以外は全て在宅系のサービスとなる。

 

例外的サービス

 介護保険法で定められたサービス以外に、民間事業者が独自のサービスを展開していることもあります。例えば福祉タクシーにおいて、介護福祉士が運転手を務めているような場合はこれにあたります。

 

 また、ある旅行代理店のプランの中には、介護が必要な方が旅行をする場合に付き添う添乗員に、介護福祉士を用いていることがあります。しかしながら一般的には、旧ヘルパー2級取得者、現介護福祉士初任者研修修了者を用います。

 

  • 民間事業者が独自のサービスを展開していることも。

 

本記事は2016/03/25の情報で、内容は介護福祉士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する