人事の勉強会

職業:人事

20views

imasia_2384134_M_R

 

勉強会と異業種交流会

 人事担当者は、特定の業界と企業の中で業務を遂行しているために、視野や情報が偏りがちになります。勉強会への参加は、具体的なスキルや知識の習得の機会であることに加え、他社や異業種の事例を知る良い機会になります。

 

 さらに、勉強会の多くは講座終了後に懇親会を実施する場合も多く、他社の人事担当者と交流することで、今後の社外ネットワークを構築する助けにもなります。知識の習得はもちろん、それだけにとらわれることなく、外の世界と積極的に接点を持つことが勉強会の大きなメリットでもあります。

 

 こういった機会を利用することで見聞を広め、今後の業務のヒントを得て、さらには自身のキャリアアップや成長のきっかけ作りに役立てることができます。

 

  • 他社や異業種の事例を知る良い機会となり、社外ネットワークを構築する助けになることも。

 

コーチング

 保険や労務に関する事務業務は、テキストや実践の場以外でも学びの機会は必要ですが、人材育成に関してはさらに独学では難しいところがあります。

 

 企業の大きな課題として人材の確保がありますが、その確保した人材をいかにして成長させ、次のリーダーに育てていくかは、さらに困難なテーマになります。心理学を応用した人材育成「コーチング」の技術やコツを知ることは、人事の業務で大きなプラスになります。

 

 若手社員に自ら目標を作らせ、成長していくためのステップを計画し、またその行動や意識の障壁となるものを取り除いていくなど、コミュニケーションの中から気づきを与え、教育していくことが求められます。コーチングは人の心を扱う技術のため、独学ではなく専門の講師から学ぶことが懸命です。

 

  • 心理学を応用したコーチングの技術やコツを知ることは、人事の業務で大きなプラスになる。

 

女性管理職の育成

 時代の変遷と共に、人事は新たに学ばなければならないことがとても増えていく業種です。今後の人事の大きな課題のひとつとして「女性幹部の組織作り」があります。

 

 政府は「2020年までに指導的地位に女性が占める割合を30%以上とする」ことを目標として掲げています。管理者を目指す女性の教育をはじめ、部下となる男性の意識改革、産休の取得や出産育児後の復職、さらには女性幹部がもたらす利益や価値など、本人だけではない組織全体の問題、人事制度の課題が山積になっています。

 

 実際に女性幹部を務める人材や、女性幹部を教育指導する講師など、実績や経験からの講話を聞くことで、これからの取り組みの大きなヒントになります。

 

  • 実績や経験からの講話を聞くことで、これからの取り組みの大きなヒントになる。

 

本記事は2016/03/25の情報で、内容は人事としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する