人事の研修

職業:人事

51views

imasia_12354081_M

 

採用〜教育訓練

 人事の重要な業務の一つ、採用業務に関しては経験重視の我流を貫く人事も少なくありません。しかし、いかにして優秀な人材を確保し、教育して活躍させ、定着させるのかがとても重要な命題ですので、採用業務のあり方や面接技法を学ぶ機会は必要です。

 

 また、新人教育においては、世代間による価値観や常識のギャップがますます広がる傾向があり、基本的なビジネスマナーを入社時にきっちりと教える必要があります。新人教育のインストラクターとしての技術を習得することが不可欠になります。

 

 さらに彼らのモチベーションや知識・スキルを高めていくための研修の企画運営も、より効果のあるものが社内から期待されていますので、他社の事例を研究するなどしてレベルアップを図っていきます。

 

  • 採用業務のあり方や面接技法を学ぶ機会が必要。

 

危機管理対策

 人事の仕事は常にさまざまなトラブルと隣り合わせで、且つそれを未然に防ぐように日頃から人事以外にも社内全体に情報を行き渡らせ、啓蒙啓発活動を実践していきます。

 

 労務問題に関しては、面接時のやり取りで起こり得るトラブルや、時間外労働に対しての対策、ネットを通じた社員の企業機密事項の漏洩、社員のプライバシー問題の取り扱いなど、資格や知識の習得だけでは対処しきれない問題が多くあります。多岐にわたる他社事例などを通じて、実際の現場での対応や受け答えの方法など、より実践的な技術を学ぶことで、不測の事態に慌てなくてすみます。

 

 また、個人情報の取り扱いや各種ハラスメントのトラブルなど、社員の危機感の欠如から起きるトラブルは、企業価値を下げることに直結する問題です。より専門的な知識と対処法を学び、社内全体に伝播させる方策を学ぶことが必要です。

 

  • より専門的な知識と対処法、そして社内全体に伝播させる方策を学ぶことが必要。

 

人事制度と人材戦略

 終身雇用制度から成果主義、能力主義の時代に移行する中で、多くの企業では人事制度の見直しや変革を盛んに行っています。これは企業にとって正解のない永遠の課題で、さまざまな人事制度や評価システムが日々開発されています。

 

 海外の事例に学ぶことも多く、人事制度の歴史や変遷に加え、最新の実例や効果を知ることはとても意義があります。特に日本の人事は、人材という資源を最大限に経営に活用するという考えの人材戦略が、欧米諸国に対して遅れてきた分野でもあります。

 

 また一方では、日本古来の経営スタイルに回帰する企業もあり、他社事例を部分的にカスタマイズして取り入れるなど、この分野に関しては今後ますます学びや実践の機会が増えてきます。日頃の業務経験だけでは決して知ることができない部分は、研修やセミナーを通じて積極的に学ぶ機会を作っていきたいところです。

 

  • 研修やセミナーを通じて積極的に学ぶ機会を作っていきたい。

 

本記事は2016/03/25の情報で、内容は人事としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する