正社員の校正の求人

職業:校正

96views

imasia_7042556_M

 

校正職で正社員になれるチャンスは増加している

 校正という職業を取り巻く求人案件の質・量は、現在増加傾向にあります。長い経験が大きな武器となる校正職では技術者の高齢化が進み、しかも団塊世代の大量退職等で大幅な世代交代の必要に直面している企業が多くなっています。

 

 また、リーマンショック以降、制作を生業とする企業では内省化や派遣社員の導入によって校正にかかる人件費を抑える傾向にあったものが、近年ではむしろ専門の技術者を社内で正社員として育成し、品質事故のリスクをより低減させようという考え方にシフトしています。

 

 したがって、ベテラン技術者の後継者や、新世代の校正者のチーム編成などにかかる求人が増加し、校正専門の正社員として転職するチャンスも広がっています。

 

  • レベルの高い技術者を社内で育成しようという動きもあり、校正職の正社員募集も増えつつある。

 

経験十分な中途採用者が中核となる

 正社員として校正職に従事する人材を募集する場合、多くは同業あるいは他業種で十分な経験を積んだ中途採用者を想定しています。というのも、校正の現場では即戦力となる人材が必要であり、しかも他社での業務経験から自社にないノウハウを取り込むことも期待されるため、経験値と応用力が求められるためです。

 

 そのような人材を正社員として採用し、自社の業務を早く修得して長く就業してほしい、というのが企業の本心なのです。したがって、そのような中途採用者を中核とした求人事情があり、今後正社員として校正職に転職できる可能性も高まっているのです。

 

  • 十分な経験と応用力を持った即戦力の人材が求められている。

 

最初から正社員としての募集案件を探す

 最近では、アルバイトや派遣社員、あるいは契約社員などから実力を認められ、正社員へと登用されるケースも見受けられます。しかしながら、校正職で正社員を希望するならば最初から「正社員」という待遇を明記している求人に応募することが理想的です。

 

 校正の仕事は、その成果が具体的な数値などの第三者にも分かりやすい指標として表しにくいため、有能であっても劇的に待遇が向上するようなステップアップは難しいためです。したがって、企業側が採用意欲を具体的に示している場合、待遇面も含めて検討し、それに挑戦すると良いです。

 

  • 校正のスキルや成果は評価されにくいため入社後の待遇向上や正社員登用が難しいケースもあるので、最初から正社員の求人を狙うべき。

 

本記事は2016/03/24の情報で、内容は校正としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する