高年収の校正の求人

職業:校正

115views

imasia_15995801_M

 

専門分野、役職付きは高年収の傾向

 校正者は、印刷業界であれば製造の一分野、出版や広告の業界であれば制作の一分野として分類されることが多く、給与水準はどちらかというと高い方ではありません。しかし、中には修得が困難で高度な専門知識を有し、企業にとってなくてはならない重要なポストに位置していたり、グループを統率する役職者としての待遇で高年収を得る校正者も存在しています。

 

専門知識の王道、語学系スキル

 高年収を得られる専門分野の校正として代表的なのが、語学系の業務です。近年では機械製品や工具類など、製造関連の製品が全世界に流通することが一般的となっているため、それらのカタログが同時に多言語展開されるようになっています。

 

 特に多いのが英語と中国語であり、これらの翻訳原稿をチェックする能力をもった校正者が重宝されています。また、タイ語やベトナム語などこれまで学習の機会が少なかった言語圏にも日本企業のフィールドが拡大しているため、それらの言語に精通していることも大きな武器となります。

 

  • 語学力に長け、翻訳原稿をチェックできる校正者は高年収を得やすい。最近は製造業のグローバル展開に伴う求人がある。

 

校正専門部署の役職者も高収入

 制作を生業とする企業には、校正や校閲を行う専門部署が設けられていることが多く、そのようなチームを率いる責任者などは役職手当の影響などで年収も高くなる傾向があります。校正専門部署はあまり大規模な所帯となることは多くなく、「係」や「課」などのスケールでのチーム編成が一般的です。したがって、役職名は企業によってそれぞれですが、責任者としては概ね係長や課長クラスの待遇となります。

 

 ただし、前述のように校正職の年収そのものが高くはないため、専門部署の責任者でも年収500万円台が相場となっています。役付きの校正者は、通常社内での人選によって任命されますが、求人によっては最初から幹部候補として募集がかけられる場合もあります。校正のスキルだけではなく、責任者としての進行管理や原価管理、課員とのコミュニケーションなど様々な業務が必要とされるためです。

 

  • 校正・校閲の専門部署の役職者は高収入を得やすいが、校正者の元々の給与水準がさほど高くないため、責任者でも500万円ほどが相場。

 

本記事は2016/03/24の情報で、内容は校正としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する