広告業界の校正の求人

職業:校正

95views

imasia_8231896_M

 

広告業界の校正はスピード感と緊張感が重要

 広告業界は華やかなイメージがあるものの、制作の現場は多忙です。スケジュールが厳密に定められており、一つのプロジェクトが進行するターンも非常に速いことが多いため、スピード感が勝負の要となる業務でもあります。また、広告という特性上、金額や日時、そしてコピー等々、些細なミスが莫大な損害へと発展しかねない情報が掲載されるため、大きな緊張感を強いられる作業も少なくありません。

 

 校正者としてはそういった重要な情報を間違いなく世に出すための厳密なチェックを行い、なおかつ短納期・同時並行の複数案件を確実にこなすためのセルフハンドリングの能力も必要とされます。転職においては業務をテキパキと手際よくこなし、しかもいくつもの案件を正確に把握して業務を進めるスキルの有無が評価の対象となります。

 

  • 短期間に複数の案件を確実に遂行するスキルが求められる。

 

広告業界が必要とする校正者

  • 一文字違いで取り返しのつかない事態に陥る、広告の恐ろしさ

 校正者の間で有名な教訓に、特価セールの広告における誤植、すなわち文字情報の間違いの例があります。「特価100,000円」の商品とするべきところを「特価10,000円」と一桁少ない状態で告知してしまい大損害を被ったという事例で、実際に起こった品質事故でもあります。

 

 このように、短期間に多くの人の目に触れるうえに商品の流通や売り上げに直結する場合のある広告校正では、厳重なチェック体制を保持できる校正者を求めています。

 

  • コピーの内容が適切かどうか判断できる時事問題の見識

 広告にはキャッチコピーなどの文字情報が入る場合がありますが、このコピーが適切かどうかの指摘も校正者にとって重要な職務となります。

 

 例えば人種問題に抵触する可能性のある言葉遣いや、直近の災害を連想させるような表現等々、悪気がなくともクレームに発展する恐れのあるコピーも見受けられます。避けることが望ましい表現などを的確に指摘することができる見識と、バランス感覚も多いに必要とされる業務となっています。

 

  • 一文字のミスも見落とさない厳重なチェックスキルと、文字情報が社会的に適切な表現であるかの判断能力も必要。

 

本記事は2016/03/24の情報で、内容は校正としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する