出版業界の校正の求人

職業:校正

114views

imasia_8572512_M

 

最も多くの校正者を必要とする出版業界

 出版業界では文芸書や学術書、雑誌やムックそしてコミック等々、実に多くの情報媒体を取り扱うため、最も多くの校正者を必要とする現場でもあります。その専門ジャンルは多岐にわたるため、何らかの分野に特化した専門的な校正者と、様々な媒体を並行して扱うことのできるマルチな校正者とが存在しています。

 

 他業種からの転職でという形で出版業界での校正を行う場合、それまでの業務経験で得た専門知識を十分に活かすことのできる現場に配属されることが多く、また、そういった人材の獲得が業界内でも関心事の一つとなっています。

 

  • 出版業界は多くの校正者を必要とする現場。専門分野に特化した人とマルチな校正者の2パターンが存在する。

 

出版業界のトレンドは、歴史系に強い校正者の求人

 「歴女」などのキーワードが浸透するなど、最近は歴史系のトピックが盛り上がりを見せています。出版業界では伝統的に歴史系の媒体は外れのない売れ筋商品の一つであり、近年の歴史ブームの過熱も追い風となって関連商品が続々と発売されています。特に雑誌と書籍の中間的な印刷物と位置付けられているムック系の商品は売り上げを伸ばしており、歴史を題材としたムックのラインナップは空前の賑わいを見せています。

 

 そこで重要となるのが歴史系の専門知識を身に付けた校正者の存在です。学術的にも適切な表記が保たれているか、また記述内容が事実や最新の学説と相反していないかなどの校閲的なチェック能力も求められるため、貴重な人材として急速にその需要が広がっています。

 

  • 史学系出身者や学芸員資格保有者、また歴史系ライター経験者などが優遇

 歴史系出版物の校正を行える人材の獲得には、専門的な知識を有する史学系の学部出身者や、あるいは博物館学芸員などの有資格者から選抜することが一般的です。ただし、そういった人材は必ずしも豊富に存在するわけではないため、関連する業務に関わる経験と、歴史資料の正確性と記述の適切性を冷静に見極めることのできる能力を有することを条件として採用する企業や現場が多くなっています。

 

 例えば編集の経験や、歴史系コラムのライティング経験のある人材は、史料の扱い方や記述内容のチェックの仕方などを身に付けているため、採用段階で優遇されています。

 

  • 歴史系に強い校正者の需要が高まっており、専門知識保有者、史学系学部出身者や学芸員などが重宝される。

 

本記事は2016/03/24の情報で、内容は校正としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する