校正の転職と学歴

職業:校正

219views

pixta_21560264_M

 

校正者の転職に学歴は影響する?

  • 校正の転職で学歴は優先条件ではない

 校正者としての転職を目指し、企業の求人情報を検索していると、様々な条件が提示されているのを目にします。要経験者であったり、校正の資格保有者、または学歴についての条件が提示されていることがあります。短大または専門学校、あるいは四大卒など学歴の制限があり、それを第一関門としてあきらめてしまう人も少なくありません。

 

 しかし、校正の転職に関してはこのような企業側の学歴に関する条件はあくまで目安でしかない場合が多く、必ずしも絶対的な条件とはならないのです。それというのも、何よりも経験や実務能力が評価される職業である校正では、学歴が直接作業者としての実力に影響を及ぼすわけではないからです。

 

  • 経験をアピールできれば、学歴条件を覆せる可能性も

 本当に就職したい企業があり、しかし提示されている学歴の条件を満たせていないという場合、あえてそのことを伝えたうえで履歴書を送付したり面接をお願いするという手もあります。企業の採用基準は変更できるものであり、むしろ採用条件での不利を押して応募することで熱意が伝わる場合もあります。就業意欲があれば、駄目元の気持ちで当ってみることも一つの手段です。

 

  • 募集時に学歴の条件を設けていてもあくまで目安のことが多く、校正の経験や能力が何よりも評価される。

 

専門分野の校正ならば出身学部が有利に働くことも

 校正の求人では学歴そのものが優先事項ではないものの、扱う媒体の性質によっては出身学部で学んだ内容が活かされる場合があるため、それらのマッチングも重要です。

 

 例えば法務関連の内容を含む情報媒体を扱うのであれば、法学部出身者や法曹界関連の学習経験者が有利であり、機械製品のカタログなどの校正には工学部系の知識が活かされます。校正職を希望する人は圧倒的に文系の出身者が多いため、それ以外の専門的な学歴がアピールポイントとなる可能性も十分にあり得ます。

 

本記事は2016/03/24の情報で、内容は校正としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する