校正の転職と年齢

職業:校正

306views

imasia_9728914_M_R

 

高齢での転職事例が多い校正者

 転職という人生の一大事には、年齢的な問題が壁となることがあります。自身の年齢を考慮して転職に二の足を踏んだり、採用する企業側としても法令の規定は別として、慎重にならざるを得ない実情もあります。

 

 しかし、校正職への転職については他の職種に対して比較的高齢での成功事例が多くなっています。というのも、校正という職業は経験や知識が大きな武器となり、長年にわたって業務経験を積んだベテラン人材を重宝する傾向があるためです。もちろん、まったくの他業種からの転職では困難な面もありますが、関連する分野での経験を活かすことができればスムーズに転職することも可能です。

 

  • 校正経験や知識が豊富なベテランの人材が重宝されるため、高齢でも転職しやすい。

 

30代でも十分、40代・50代の転職成功事例も

 校正者としての転職では、30代での成功事例は珍しくありません。関連する分野や他社での校正経験、またはそれに準じた業務経験が評価されるには相応の勤務期間が必要なためです。十分な経験を持ち、校正業務への見識を有した人材であれば企業は年齢面での懸念を表しません。

 

 同様に、40代・50代での校正者への転職事例も多くはないものの存在しています。そういった場合には記者やライターなど、より深く校正に関連した専門業務に従事した経験を持つ人材が採用されています。

 

 また、正社員という枠にこだわらなければ、定年後やそれに近い年齢でも校正職に転職できる可能性があります。それには契約社員や嘱託社員などの準社員待遇、または派遣社員やアルバイトなどの雇用形態があります。企業側としてはベテランの知識とスキルを期待できるため、そうした働き方への門戸も徐ますます広がりを見せています。また、同社他部署で定年まで勤め上げた人材を、校正職として契約社員などで再雇用するという形も多く見受けられ、選択肢も広がっています。

 

  • 30代の転職は比較的多く、40~50代でも経験によっては転職可能。正社員にこだわらなければ定年後の雇用事例も。

 

本記事は2016/03/24の情報で、内容は校正としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する