校正の求人事情

職業:校正

167views

s

 

増加傾向にある校正の求人

 校正という職業は、扱う媒体に対する深い知識と十分な経験が大きな武器となるため、企業の抱える専門の技術者は高齢なベテランの占める割合が多くなっています。しかし、団塊世代の大量退職や、景況感アップによる企業の採用意欲向上に伴い、校正作業従事者の世代交代が急速に進んでいるのが現状です。

 

 リーマンショック以降、しばらくはほとんど見ることのなくなった校正の求人案件も近年は増加の一途を辿り、ベテラン技術者の後継としての人材確保が盛んになっています。したがって、校正者として転職を目指す人にとってはこれらの状況が追い風となり、チャンスが広がっているタイミングでもあります。

 

  • 校正職従事者の世代交代が進み、求人は増加傾向にある。

 

正社員案件もゆるやかに増加

 上記の事柄もあり、正社員待遇での校正求人もゆるやかな増加の傾向を示しています。ただし、ベテラン技術者の退職に伴う後継者という扱いも多いため、求められる技能レベルへのハードルは高く設定されています。同業または他業での十分な校正経験を持った中途採用者にそれらの役割が期待されています。正社員という待遇であればさらに高度な専門知識や、役職者としてリーダーシップを発揮し、業務のハンドリングまで行える優秀な人材を求めており、応募条件も限定された求人が増加しています。

 

 また、採用コストを低減し、試用期間中の人件費を安く抑え、労使のミスマッチを回避するなどの目的で紹介予定派遣の制度を利用する企業も増えています。校正者としての転職を目指す人には、検討する価値のある手段の一つです。

 

  • 正社員の求人も増加傾向にあるが求められるレベルは高い。コスト削減とミスマッチ回避のために紹介予定派遣を利用する企業も増えている。

 

定年後の「契約社員」という求人案件も増加

 近年の校正の採用傾向として目立つのが、正社員ではなく契約社員としての求人です。これは給与面等での調整があるものの、その他の待遇は正社員に近く設定されているというもので、定年後の継続雇用などへの対応としても増加しています。なかには他業種での経験や専門知識を活用して、定年後に校正者として転職する人もおり、幅広い世代での適用が可能な働き方として定着しています。

 

本記事は2016/03/23の情報で、内容は校正としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する