管理会計業務中心の経理の求人

職業:経理

46views

imasia_16552258_M

 

注目をあびつつある管理会計業務について

 管理会計業務は、経営者が企業活動の指針や方針を決定する大事な指標を作成する業務ですが、企業にとって必須の業務ではありません。そのため、あまり注目を浴びることはなく、またその価値についても軽く見過ごされることが多かったようです。

 

 しかしながら、最近は企業の不正会計や粉飾決算など、会計や経理部門、経営者のずさんさ等もクローズアップされるようになり、企業の内部監査業務も重要性を増しています。また景気の低迷なども相まって、リスク管理やコスト管理などに長けた人材、管理会計を専門とする人材が求められるようになってきています。

 

  • 企業にとって必ずしも必要ではない「管理会計業務」だが、リスク管理の観点から近年この業務を必要とする企業が増えてきている。

 

管理会計の主な業務について

 経営者が管理会計担当者に求めるのは、具体的な指標としての「安全性分析」「収益性分析」「生産性分析」「成長性分析」などです。数字で将来の計画や業績を予想し、またそれらの経営分析によって適切な経営戦略を練ることが求められます。

 

 数字からはじき出される確実な数字により経営状態を見通し、将来の資金調達や、新しいプロジェクト、それから投資などを考えていかなければなりません。地味ではありますが、経営者にとってはかなり重要、必要な人材であるのは間違いないでしょう。

 

 企業の成長性や将来の可能性などを考え、場合によっては企業合併やM&Aなども考える必要があるのか、会社経営においてどの部分をてこ入れしたほうが良いのか、経営に関するアドバイス業務ができればより好ましいです。

 

  • 「安全性分析」「収益性分析」「生産性分析」「成長性分析」などがある、数字で経営分析を行う管理会計業務。これらの会社経営に直結する数字を通じて、経営に関するアドバイスをすることも求められる。

 

転職市場でも注目を浴びつつある管理会計業務

 どんな経営者でも、間違った判断や見通しの甘さからの失敗は避けたいと思っています。しかし、企業の業績予想には想定内と想定外のことがあります。その想定外のリスクに備える意味で「ある程度数字で将来を見通すこと」ができれば、前もって適切な対応ができる場合もあります。

 

 経営者として大事な参謀役の一つが管理会計のスペシャリストでしょう。管理会計のスキルを持っていたり、経験がある人は、これからの転職市場では重宝されることでしょう。いままで管理会計などを強いて行っていなかった中小企業などでも、管理会計担当を配置し、適切な数字を元にして、将来の経営戦略や資金計画を考えることが求められつつあります。

 

 管理会計業務は、企業の規模の大小にかかわらず、今後必要になってくる業務です。また、今後海外進出を考えている企業であれば、将来の投資計画や新プロジェクトの安全性、収益性、生産性、成長性などをあらかじめ試算し、数字として知るのは大変重要です。

 

 そのため、管理会計が専門の人は資格や知識としてだけではなく、現場で培った業務経験スキルをふんだんに活かして海外展開を狙うグローバル企業で活躍することも夢ではありません。

 

 転職市場で自分を高く売るために、より管理会計業務やスキルに磨きをかけてタイミングを見計らい、転職やステップアップを目指してみてはいかがでしょうか。いまは管理会計業務の求人も増えてきているので、その業務の重要性、そして必要性を理解して採用しようとしている企業が増えているので、チャンスでもあります。

 

  • 算出された数字から想定外のリスクを避けることができるため、管理会計業務は今後企業規模に関わらず必要になってくる。管理会計の実務経験がある方は、求人が増えつつある今が転職のチャンスだと言える。

本記事は2016/03/22の情報で、内容は経理としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

経理に関連する基礎知識

経理TOP

  1. 経理の求人事情について

経理の転職基礎知識

  1. 経理の転職と面接について
  2. 経理の転職にベストな時期
  3. 経理の転職と履歴書について
  4. 経理の転職と年齢について
  5. 経理転職時の志望動機
  6. 経理の仕事内容
  7. 経理の年収相場

条件別の経理の求人

  1. 未経験可
  2. キャリアアップ
  3. スキルアップ
  4. 高収入
  5. 高卒
  6. 大卒
  7. 第二新卒歓迎
  8. 管理職
  9. 中小企業
  10. 大企業
  11. 日系企業
  12. 外資系企業
  13. 海外就業
  14. 海外勤務可能
  15. 英語力を活かせる
  16. 女性にオススメ
  17. ブランク歓迎
  18. 残業なし
  19. 在宅勤務可能

保有資格別の求人

  1. 公認会計士
  2. 税理士
  3. 簿記
  4. 中小企業診断士
  5. MBA
  6. USCPA(米国公認会計士)
  7. EA(米国税理士)

業務内容別の求人

  1. 決算業務
  2. 経理ソフト入力・事務スタッフ
  3. 出納管理
  4. 売掛金管理
  5. 買掛金管理
  6. 財務業務
  7. 原価計算
  8. 管理会計業務
  9. コンサルティング業務
  10. 管理職・コントローラー・CFO

年齢別の経理の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代
  4. 50代
  5. 60代(シニア)

業界別の経理の求人

  1. 商社
  2. 保険会社
  3. 旅行会社
  4. 製薬会社
  5. アパレル
  6. 製造業・メーカー
  7. 不動産会社
  8. 建設業
  9. 化学・化粧品会社
  10. ブライダル会社
  11. ゲーム業界
  12. テレビ局
  13. コンサルティング会社・シンクタンク
  14. 法律事務所
  15. 保育園
  16. ホテル
  17. レストラン
  18. クリニック
  19. 病院

経理職に関するコラム

  1. 経理職の転職に有利な資格
  2. 経理職の将来性について
  3. 経理職へ転職するメリットを考える
  4. 主婦でも経理の求人に応募できる?
  5. 経理のアルバイト・パート求人について
  6. 経理の求人に転職エージェントは効率的?
  7. 理系でも経理職に転職は可能?
比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する