決算業務メインの経理の求人

職業:経理

56views

imasia_15133423_M

 

経理の仕事の繁忙期には決算人員が必要

 企業には、上場企業・非上場企業にかかわらず決算があります。毎月行われる月次決算、それから四半期ごとの決算もありますし、一年を包括する本決算もあります。決算の時期は、日常業務にプラスして決算業務が入ってきますので、経理部は相当の忙しさになります。

 

 決算の時期はどんな経理スタッフも残業を覚悟しなければなりませんし、財務諸表を提出する〆切に間に合わせることが必要なので、決算に慣れている人材をヘルプとして一時的に募集をかけることがあります。

 

 監査法人や会計事務所など、税務申告書等の〆切があるケースでも、経験あるスタッフを季節的に増員、募集して繁忙期をなんとかやり過ごすことが多いです。経理・会計スタッフのなかには、そうしたスポット業務だけを受け持つ、主婦の人、または普段は自営業や在宅で働いている人もいます。

 

 アルバイト感覚で、一時的な繁忙期だけ仕事をすることは、双方にとってもメリットがあります。もしくは、アウトソーシングで賄える部分は、専門の外部業者に委託することすらあるのです。そのようにして、繁忙期である決算期はなんとか〆切に間に合わせる努力をしているのが経理部です。

 

  • 経理部では繁忙期である決算の時期には、人手不足を解消するためにスポット的に人員を補充することも多い。アウトソーシングで外部業者に委託することもある。

 

忙しいからこそ、全体の流れが分かる決算経験者などは高い評価

 もちろん、大企業では決算のなかの細分化された一つの業務をサポートすることになりますし、中小企業では、常勤の人の指示にあわせて、様々な業務、決算サポートまで任される人もいるでしょう。だいたいは一時的な派遣業務として仕事に入ることが多いですが、決算サポートの業務で認められ、そのまま直接雇われたり、正社員としてスカウトされることもあります。

 

 忙しい時ほど、猫の手も借りたいのは確かですが、だからこそ経理や会計経験が豊富にあり、業務をよりスムーズにすすめるサポートをしてくれる経験者、すでに決算業務の流れが分かっている人は重宝される傾向にあります。毎年、また各決算時のみ、一時的に呼ばれる人、継続して同じ仕事を任される人もいます。事情があって、正社員や常時働けない人にとっては、こうした働き方ができるのはありがたいですね。

 

  • 決算期にスポットで働く場合は、決算業務を理解しているととても重宝される。仕事ぶりが認められて、そのまま正社員としてスカウトされるケースもある。

 

決算メインの求人に必要な経験と資格とは?

 企業での決算の流れが分かるには、だいたい資格にすると「日商簿記2級程度の知識」と「それに伴う実務経験」が必要でしょう。実務経験があるからこそ、仕事の流れが理解でき、その関連業務の意味が分かるようにもなるからです。ただし、決算業務のなかの一部だけの仕事を請け負う場合なら、資格などは必要なく、それぞれの仕事の実務経験さえあれば出来てしまいます。経理の仕事においては、資格はプラスになりますが、なによりも実務での経験がものを言うのです。

 

 一時的に決算だけの仕事に携わることもできますが、もしそれだけの実力と経験があるのなら、一年を通して、または長期スパンでの経理の仕事も考えると、お給料の面でもより収入アップが見込めますし、それまでの職歴も大いに評価されることでしょう。

 

 細分化した一つ一つの業務が、決算によって始めてその意味が分かるようになります。財務諸表などを作成し終わったときの充実感も、全体のお金のやりとりなどを見られる経理ならではの、仕事の面白さといえるでしょう。一度は経理ポジションの決算業務にかかわると、今までの経験や資格なども活かすことができ、一生の仕事として続けることができるようになりますので、ぜひ一度は経験してみると良いでしょう。

 

  • 一般的には日商簿記2級とそれに伴う実務経験があれば、たいていの決算業務は行える。ただし、決算業務の中の一部だけの仕事であれば資格は不要で、実務経験があれば問題なし。

本記事は2016/03/17の情報で、内容は経理としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

経理に関連する基礎知識

経理TOP

  1. 経理の求人事情について

経理の転職基礎知識

  1. 経理の転職と面接について
  2. 経理の転職にベストな時期
  3. 経理の転職と履歴書について
  4. 経理の転職と年齢について
  5. 経理転職時の志望動機
  6. 経理の仕事内容
  7. 経理の年収相場

条件別の経理の求人

  1. 未経験可
  2. キャリアアップ
  3. スキルアップ
  4. 高収入
  5. 高卒
  6. 大卒
  7. 第二新卒歓迎
  8. 管理職
  9. 中小企業
  10. 大企業
  11. 日系企業
  12. 外資系企業
  13. 海外就業
  14. 海外勤務可能
  15. 英語力を活かせる
  16. 女性にオススメ
  17. ブランク歓迎
  18. 残業なし
  19. 在宅勤務可能

保有資格別の求人

  1. 公認会計士
  2. 税理士
  3. 簿記
  4. 中小企業診断士
  5. MBA
  6. USCPA(米国公認会計士)
  7. EA(米国税理士)

業務内容別の求人

  1. 決算業務
  2. 経理ソフト入力・事務スタッフ
  3. 出納管理
  4. 売掛金管理
  5. 買掛金管理
  6. 財務業務
  7. 原価計算
  8. 管理会計業務
  9. コンサルティング業務
  10. 管理職・コントローラー・CFO

年齢別の経理の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代
  4. 50代
  5. 60代(シニア)

業界別の経理の求人

  1. 商社
  2. 保険会社
  3. 旅行会社
  4. 製薬会社
  5. アパレル
  6. 製造業・メーカー
  7. 不動産会社
  8. 建設業
  9. 化学・化粧品会社
  10. ブライダル会社
  11. ゲーム業界
  12. テレビ局
  13. コンサルティング会社・シンクタンク
  14. 法律事務所
  15. 保育園
  16. ホテル
  17. レストラン
  18. クリニック
  19. 病院

経理職に関するコラム

  1. 経理職の転職に有利な資格
  2. 経理職の将来性について
  3. 経理職へ転職するメリットを考える
  4. 主婦でも経理の求人に応募できる?
  5. 経理のアルバイト・パート求人について
  6. 経理の求人に転職エージェントは効率的?
  7. 理系でも経理職に転職は可能?
比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する