簿記資格保有者の経理の求人

職業:経理

127views

imasia_8039238_M

 

会計・経理仕事の基本資格、日商簿記資格について

 これから会計・経理の仕事を目指す人、事務職として専門性を持ちたい人のなかで人気が高いのが「日商簿記資格」です。他にも簿記資格はありますが、日本で一番幅広く通用し、知名度も高いのが、この日商簿記資格です。簿記検定の資格と、実際の業務レベルを比較すると、基本的な経理の事務作業くらいですとだいたい簿記3級、決算業務など全体的な経理の流れをみるには2級、会計のプロとして財務管理・経営戦略なども考えることができるのが1級で、1級はまた税理士試験の受験資格が得られます。

 

 経理の仕事に就くには、この資格とともに実務経験があればより良いとされ、経理の仕事がたとえ未経験であっても、簿記資格を取得すれば、転職の際には有利に働くこともあります。そのため経理職の入り口として考える人が多いです。経理のスタッフ募集でも、この簿記資格を目安にして採用する企業が多いです。

 

  • 経理スタッフなどの求職では、日商簿記資格を保有しているかが一つの目安になるケースも多い。3級から1級にあがっていくにつれて、任される仕事内容も変わってくる。

 

女性にもオススメの簿記資格

 一般の経理スタッフの採用の目安として、もちろん今までの職歴や実務経験重視の姿勢は変わらないのですが、経理業務は簿記資格との関連がとても強いために、この簿記資格を目安にして人材募集をかけていることがほとんどです。

 

 求人の多くは簿記検定2~3級ですが、経理・会計のプロとして働いていくには、簿記2級は目指したいところです。実際このレベルの人材が求人サイトでも最も多く募集されています。あとは、前職でどのような業務についていたかが考慮されますが、経理や会計業務が未経験でも、資格を持っていることで採用になるケースがありますので、これから経理職にチャレンジしてみようという人にはよいきっかけとなります。

 

 経理、会計職に興味のある方は、まずはこの資格から始めてみることをおすすめします。契約や派遣、パートやアルバイトだけではなく、簿記資格があると在宅勤務などもできるので、特に女性にはおすすめの資格です。

 

  • 日商簿記2級を持っていれば、一般的な経理スタッフとしては転職に困らない。最近では在宅勤務などの勤務形態も可能で、経理職として働きたい女性にオススメの資格と言える。

 

勉強したことをそのまま仕事に活かせる簿記資格

 経理・会計の仕事でマネージャーレベルを目指す場合は、公認会計士や税理士、USCPAやMBAが問われる場合もありますが、シニアや、一般会計スタッフであれば簿記資格、だいたい2級くらいをもっていれば、転職の際に優遇されます。ブックキーパーレベルなら、3級でも大丈夫です。

 

 ただし、将来的に会計・経理のプロフェッショナルとして活躍するには、この資格をベースにして、より難しい資格を目指すと、キャリアアップのためには有効でしょう。

 

 どのレベルでも仕事があるうえに、常に需要があるのが経理職の強みです。官公庁などのお役所から、NPOに一般企業、例えばメーカー、サービス業、レストラン、メディア、学校や病院、エネルギー産業に至るまで、あらゆる経理の仕事が、この資格をベースにして求人募集を行っています。ただし、日本国内、または日本企業でしか通用しない資格です。

 

 簿記の資格は、勉強したことがそのまま実務に活かせるのも良いところです。最初は仕訳なども全く分からなかった人でも、勉強をすすめるうちに、どんどん簿記のコンセプトが分かるようになります。そして実務を経験すれば、理解が深まります。

 

 簿記を習ったことがなく、まったく未経験の人なら、資格の学校に通うなり、通信教育に申し込むなりして勉強を始めるのが良いでしょう。資格を目指して勉強中であったら、そのことを面接で伝えて、やる気を示すこともできます。もちろん資格が既にあれば、それこそ転職時には大きな切り札として使えるのが簿記資格なのです。業種に関係なく活かせるのも強みと言えるでしょう。

 

  • 簿記資格は実務を通じて理解を深めることが可能なうえ、キャリアアップを図りたければ、より上位の資格取得に挑戦することも可能。

本記事は2016/03/17の情報で、内容は経理としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

経理に関連する基礎知識

経理TOP

  1. 経理の求人事情について

経理の転職基礎知識

  1. 経理の転職と面接について
  2. 経理の転職にベストな時期
  3. 経理の転職と履歴書について
  4. 経理の転職と年齢について
  5. 経理転職時の志望動機
  6. 経理の仕事内容
  7. 経理の年収相場

条件別の経理の求人

  1. 未経験可
  2. キャリアアップ
  3. スキルアップ
  4. 高収入
  5. 高卒
  6. 大卒
  7. 第二新卒歓迎
  8. 管理職
  9. 中小企業
  10. 大企業
  11. 日系企業
  12. 外資系企業
  13. 海外就業
  14. 海外勤務可能
  15. 英語力を活かせる
  16. 女性にオススメ
  17. ブランク歓迎
  18. 残業なし
  19. 在宅勤務可能

保有資格別の求人

  1. 公認会計士
  2. 税理士
  3. 簿記
  4. 中小企業診断士
  5. MBA
  6. USCPA(米国公認会計士)
  7. EA(米国税理士)

業務内容別の求人

  1. 決算業務
  2. 経理ソフト入力・事務スタッフ
  3. 出納管理
  4. 売掛金管理
  5. 買掛金管理
  6. 財務業務
  7. 原価計算
  8. 管理会計業務
  9. コンサルティング業務
  10. 管理職・コントローラー・CFO

年齢別の経理の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代
  4. 50代
  5. 60代(シニア)

業界別の経理の求人

  1. 商社
  2. 保険会社
  3. 旅行会社
  4. 製薬会社
  5. アパレル
  6. 製造業・メーカー
  7. 不動産会社
  8. 建設業
  9. 化学・化粧品会社
  10. ブライダル会社
  11. ゲーム業界
  12. テレビ局
  13. コンサルティング会社・シンクタンク
  14. 法律事務所
  15. 保育園
  16. ホテル
  17. レストラン
  18. クリニック
  19. 病院

経理職に関するコラム

  1. 経理職の転職に有利な資格
  2. 経理職の将来性について
  3. 経理職へ転職するメリットを考える
  4. 主婦でも経理の求人に応募できる?
  5. 経理のアルバイト・パート求人について
  6. 経理の求人に転職エージェントは効率的?
  7. 理系でも経理職に転職は可能?
比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する