税理士の経理の求人

職業:経理

47views

imasia_14818761_M

 

税務業務の専門家としての企業からの需要も高い

 公認会計士と並んで、経理の仕事に関係する重要資格として挙げられるのが、税理士の資格です。税務業務のプロフェッショナルとして特に、中小企業での需要が高い資格です。

 

 日本の経済は、もちろん大企業もそうですが、中小企業こそが底支えしているといっても過言ではなく、その企業の顧問として、また社員として税理士資格を持っている人材がいると、とても心強いものです。最近では、税理士事務所も会計経理業務の委託や税務、申告書作成の代理業務よりも、企業コンサルティング業務が増えています。

 

 企業側としても、経理や税務の専門家として、またこれからの経営戦略を考える面でも、税理士の資格を持っている人材を広く求めています。中小企業への経営アドバイス業務、そして税金対策など、気軽に相談できる税理士の存在は、どんな企業にとっても無くてはならない存在なのです。

 

  • 税理士事務所だけではなく、中小企業からも税理士資格保有者の需要は高い。経理業務や申告書作成はもちろんのこと、アドバイスやコンサルティング業務の需要が高まってきている。

 

税理士の就職&転職事情について

 税理士は、資格と実務経験を経て、転職市場で評価されるようになります。新卒では、一般企業に就職して企業税理士になったり、会計事務所、税理士事務所で経験を積み、独立するコースがいままで一般的ではありました。しかし最近では、個人税理士事務所に属さない、独立しない、企業税理士が増えています。

 

 個人事務所同士の競争が激しくなり、税理士の資格をもっていてさえ、特別なビジネスセンスや営業の才能に恵まれないと、なかなか経営が難しくなっているのが現状です。近年続々と便利な会計ソフトや申告書作成のソフトウェアが開発され、経理、会計業務が一般の人のなかでも身近に、より簡単になってきたのも一因かもしれません。税理士もこれからは、企業のなかで専門性を活かして活躍するのが一番安全な道と言えるかもしれません。

 

 税理士は、企業や個人事務所でも税金のプロとして多くの求人案件がありますが、資格試験でどの科目を選んだかによって、選抜されることもあります。例えば、これから日本では相続税法などが改正されるので、個人の相続税相談が増えることが予想されます。その場合には、受験科目で相続税法を選択した人は、個人税理士事務所などで採用される事が増えるでしょう。将来の就職、転職市場を見据えて受験するのなら、受験科目はしっかり選んだほうが良いです。

 

 その企業や事務所によって必要な人材、知識、実務経験は微妙に異なります。そのマッチングをするのが、転職サイトです。転職希望者は、自分にぴったりの仕事を見つけるのに、ぜひ登録してみましょう。税理士の資格勉強中の方は将来の実利や、キャリアプランを考えて計画的に勉強をすすめていきましょう。もちろん税理士資格があれば十分、受験科目にこだわらない企業も多いのですから。

 

 働きながら自分の専門性や、資格の上に上乗せできる実務経験を積んでいき、転職市場でも光る人材になれるように、日々モチベーション高く仕事に取り組むのがその先の好条件の転職に繋がります。

 

  • 会計ソフトなどの発達とともに、従来の税理士業務の需要が少なくなってきている。税理士は今後、企業の中で専門性を活かして活躍していくことが期待されている。そのため、資格取得時にも将来を見据えて受験科目を選択する必要がある。

 

実務のなかで、活かせる重要資格

 税理士は実務のなかで活かせることができる資格ですし、将来性もある資格として、学生から社会人に広く人気があります。長期計画で資格取得に取り組めますし、実務を経験しながら知識を増やすことができます。

 

 ただし、日本の税制は毎年改善点や新しい項目が加えられることが殆どですので、常に新しい情報をアップデートする必要があります。資格を取得してからが、本当の税理士としてのスタートです。

 

 経理や会計、また税務業務やコンサルティング業務、中小企業の良きアドバイザー、または個人・法人の税務相談などにその知識や手腕を活かしてみてはいかがでしょうか。企業内税理士としても、転職サイトなどで多く募集されていますので、自分が興味のあるポジションや、高待遇のポジションをみつけ、確実にキャリアアップしていきましょう。

 

  • 毎年税制改正があるので、常に最新情報をアップデートしていくことが大切。

本記事は2016/03/17の情報で、内容は経理としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

経理に関連する基礎知識

経理TOP

  1. 経理の求人事情について

経理の転職基礎知識

  1. 経理の転職と面接について
  2. 経理の転職にベストな時期
  3. 経理の転職と履歴書について
  4. 経理の転職と年齢について
  5. 経理転職時の志望動機
  6. 経理の仕事内容
  7. 経理の年収相場

条件別の経理の求人

  1. 未経験可
  2. キャリアアップ
  3. スキルアップ
  4. 高収入
  5. 高卒
  6. 大卒
  7. 第二新卒歓迎
  8. 管理職
  9. 中小企業
  10. 大企業
  11. 日系企業
  12. 外資系企業
  13. 海外就業
  14. 海外勤務可能
  15. 英語力を活かせる
  16. 女性にオススメ
  17. ブランク歓迎
  18. 残業なし
  19. 在宅勤務可能

保有資格別の求人

  1. 公認会計士
  2. 税理士
  3. 簿記
  4. 中小企業診断士
  5. MBA
  6. USCPA(米国公認会計士)
  7. EA(米国税理士)

業務内容別の求人

  1. 決算業務
  2. 経理ソフト入力・事務スタッフ
  3. 出納管理
  4. 売掛金管理
  5. 買掛金管理
  6. 財務業務
  7. 原価計算
  8. 管理会計業務
  9. コンサルティング業務
  10. 管理職・コントローラー・CFO

年齢別の経理の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代
  4. 50代
  5. 60代(シニア)

業界別の経理の求人

  1. 商社
  2. 保険会社
  3. 旅行会社
  4. 製薬会社
  5. アパレル
  6. 製造業・メーカー
  7. 不動産会社
  8. 建設業
  9. 化学・化粧品会社
  10. ブライダル会社
  11. ゲーム業界
  12. テレビ局
  13. コンサルティング会社・シンクタンク
  14. 法律事務所
  15. 保育園
  16. ホテル
  17. レストラン
  18. クリニック
  19. 病院

経理職に関するコラム

  1. 経理職の転職に有利な資格
  2. 経理職の将来性について
  3. 経理職へ転職するメリットを考える
  4. 主婦でも経理の求人に応募できる?
  5. 経理のアルバイト・パート求人について
  6. 経理の求人に転職エージェントは効率的?
  7. 理系でも経理職に転職は可能?
比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する