エステティシャンの転職と面接

職業:エステティシャン

317views

imasia_13259764_M_R

 

明るさと感じの良さが大事

 エステティシャンの転職時の選考は面接だけというところが多いです。筆記試験は行われたとしても形式上で、合否に大きく関わるのはやはり面接です。エステティシャンは女性を内面からも外面からも美しくする職業ですから、美に対する熱心な姿勢があることはもちろん、「お客様にとってどんなエステティシャンになりたいか?」「入社したらどのようなことに気を付けて働こうと思うか?」など、自分自身が考えているエステティシャンの理想像を聞かれることが多いです。

 

 明るく、はきはきと元気よく、話している相手もつい笑顔になってしまうような感じの良さが大事です。面接官は女性であることが多く、しかも店長職以上のやや威厳のある立場の人なのであまり笑ってもらえないかもしれませんが、それに負けずに一生懸命な思いを伝えることができれば大丈夫です。

 

  • 自分の理想のエステティシャン像を聞かれることが多いので準備しておく。明るく笑顔で快活な対応が大事。

 

未経験者は体力と忍耐力をアピール

 未経験者を採用する場合、会社はまず研修からしなくてはいけないので、その分の時間とお金を使うだけの価値がある人材かどうかを見極められます。大手サロンになれば首都圏の合宿所で数ヵ月寝泊りしながらの研修が行われることもありますから、研修費や交通費もかかります。人によっては学生時代以来の団体生活になるので、それに耐えられるかどうか、毎日の技術訓練をこなせるかどうかなどは実際に面接でも質問されます。自分の忍耐力や根性を示せるようなエピソードがあれば用意しておくと良いです。

 

 気持ちは頑張りたくても体がついていかないという人も多いので、体力は非常に重要です。運動部に所属していた経験や、今現在続けているスポーツがある人は有利です。また、実際にサロンワークをするようになれば売り上げを求められるようになりますから、接客や営業の経験がある人は優遇されやすいです。

 

  • 研修や日々の訓練に耐えられる体力と気力があるかが問われる。

 

経験者は即戦力になれるかどうか

 経験者の場合、なぜ前のサロンを辞めたのか、どんな技術を習得しているのかが問われます。前の職場の退職理由がネガティブなことであっても正直に話す必要はありません。転職希望先の会社の経営方針に合わせて「今までは学べなかったことがここでなら身に付くと思った」など、ポジティブなアピールをしましょう。

 

 痩身技術やフェイシャル技術のやり方は各社で異なりますが、どこかで一連の流れを習得していればある程度のトレーニングですぐに合わせることができます。前職でのキャリアや得意な技術を積極的にアピールし、即戦力になると思わせることが重要です。経験者の場合は技術テストが行われることも珍しくないので、施術を行うための準備(爪を短く切る、手の保湿、施術しやすい格好の準備など)も抜かりなくしておくことです。

 

  • 習得した技術をアピールし、即戦力になれる人材だと思ってもらう。技術テストも想定した準備をしておく。

 

本記事は2016/03/16の情報で、内容はエステティシャンとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する