事業会社と制作会社のWebディレクターの仕事の違い

ライター:西山愛実

117views

imasia_9321844_M

 以前「ネット業界で高収入を得るためには?」でも少し触れましたが、事業会社と制作会社とではWebディレクターの仕事内容が実は違うのです。その点を理解していないために、転職活動が難航する方にもよくお会いしました。それぞれの会社特性を理解した上でキャリアを描き、転職活動に臨んでください。

 

事業会社と制作会社ではWebディレクターの仕事はこう違う!

 そもそものWebディレクターの基本的な仕事内容を一言でいえば、サイトの制作・運用における管理です。サイトの構成を考え、納期までの進捗を管理し、Webクリエイターにどのようなサイトを作るか指示を出すことが主な仕事です。担当するサイトのフェーズによっては、企画がメインであったり運用のためのサイト解析や更新修正の仕事が多くなったりします。

 

 それで、事業会社と制作会社のWebディレクターの仕事の違いですが、当たり前ですが、事業会社のWebディレクターは自社で所持しているサイトを担当しますが、制作会社のWebディレクターは自分の会社のサイトではなくお客様のサイトを担当します。

 

 そのため、制作会社のWebディレクターはお客様と打合せをし、提案をするため営業のような要素が出てきます。事業会社のWebディレクターは提案される側、発注する側となります。この違いによって以下のような差異が出てきますので確認しましょう。

 

  • <事業会社のWebディレクターの特徴>
  • サイトの方針や予算の決定権がある=サイトの0からの立ち上げや企画に携わるチャンスがある
  • サイトの制作運営の費用対効果によっては外注化されたり人員削減の可能性があり、メンバーは少数である会社が大半
  • 社内異動によってWebの仕事から離れることもある
  • サイトだけでなくサイトを活用し売上や会社を成長させることが目的=クロスメディアの観点からサイトを管理できる
  • 提案スキルは必要だがあくまで社内向けとなるため、制作会社ほどシビアに求められない
  • 残業は自社で比較的コントロールができ、外注依頼も使えるため、残業時間が少いケースが多数
  • 納期は調整できることも多く自分たちのペースで仕事ができる
  • 関わるサイト数は自社のサイトのみであるためあまり多くはない
  • 技術やトレンドの知識は制作会社に頼っていることも多い
  • <制作会社のWebディレクターの特徴>
  • お客様のサイトであるため、提案はできるが最終決定権はない
  • プロジェクトの数は多く、担当のお客様の仕事がなくなった場合は、他のお客様のサイトを担当する
  • WebディレクターからWeb以外の仕事に異動することはまずない
  • 案件を受注し、サイトに課された目標のみを達成目標とする
  • 高い提案スキルや相手の立場に配慮した調整能力が必要=折衝やプレゼン能力を磨くことができる
  • お客様の要望や状況の変化に応えるために残業が多くなりがち
  • 納期がタイトであることが多く、スピーディーな対応やマルチタスク能力が必要
  • 制作会社の方針によるが、多種多様なサイトに関わるチャンスが多い=様々なサイト特性を学べる
  • お客様のサイトの改善やマーケティングもサポートすることも多いため、大抵の場合、新しい技術や最新トレンドをノウハウとして持っている=新しい技術や知識、ツールを習得しサイトに関わるスキルを身につけられる

 つまり、Webディレクターとしてサイトに関する能力アップが望めるのは制作会社といえます。一方で、会社の事業成長を見越した上でのサイト企画や運用するといったビジネス視点は事業会社の方が成長が見込めます。

 

 それぞれ身に付くスキルに違いがあるため、転職時には制作会社から事業会社、事業会社から制作会社どちらも転職し辛さがあるのです。

 

Webディレクターの転職はこうやって成功させよう!

 上記のように、会社特性によって、Webディレクターの仕事内容や求められる能力の違います。この違いを知ることで、転職の対策を練ることができます。まずは知ることが大事です。知っていればより相手の会社が求めるスキルを職務経歴書に詳細に書き足し、面接でもアピールすることが可能です。以下職務経歴書の修正例を2つ挙げてみます。

 

  • 〈修正例1:事業会社→制作会社への転職事例〉

仕事内容:自社のWebディレクターとしてサイト運用をしていました。

仕事内容:自社の消費財を扱うECサイトとコーポレートサイトを担当するWebディレクターをしていました。他部署とECサイト活用について調整をし、短納期のリニューアル作業にもスピード感を持ちやり遂げました。最新の技術トレンドも勉強会に参加し、◯◯の技術をこの度のリニューアルで取り入れました。

 

  • 〈修正例2:制作会社→事業会社への転職事例〉

仕事内容:制作会社にてお客様の女性系ポータルサイトのWebディレクターをしていました。

仕事内容:マーケティングに強みのある制作会社で、女性系ポータルサイトのWebディレクターをしていました。サイト立ち上げ時からご相談を受け、競合サイトの調査や予算、人員計画等幅広く提案をして参りました。立ち上げ後の運用ではサイト解析ツール◯◯◯を用い、定時レポートを提出し同時に改善提案をしていました。

 

 

今回の記事のまとめ

 いかがでしたでしょうか?会社のビジネスモデルや体制によっては違うこともありますが、事業会社と制作会社のWebディレクターには仕事の違いがあります。

 

 企業が転職市場で採用をする人材は、その企業の要望を掴み任されるポジションをやり遂げる能力がある人材です。あなたが企業が求めるWebディレクターだとわかってもらえるよう相手を知り、戦略を練って選考に臨むよう備えてください。

 

ライター

西山愛実元人材会社のコーディネーター

「元人材会社のコーディネーターが語る、Web系職種転職事情」シリーズ

テスト

 

明治大学情報コミュニケーション学部を卒業後、新卒で人材総合会社である株式会社インテリジェンスに入社。事務系職種の派遣営業として横浜エリアの既存顧客、新規顧客の開拓に従事。派遣事業部で過去取引のなかった大手食品会社を新規開拓。産業カウンセラーの資格取得をきっかけにコーディネーターへの異動を申し出、IT職種のコーディネーターにキャリアチェンジ。インフラ、ヘルプデスク等の職種を担当し、その後Webクリエイティブ職種のメイン担当になる。Web領域を事業部の注力領域へと成長させ、新領域開拓のための先行調査を行う。Web系職種への知識と営業経験を買われ、客先の大手ネット系企業での中途採用チームの立ち上げるためのSVに抜擢。エンジニア、クリエイターを大量に含む採用目標を大幅達成。その後結婚を機にマレーシアに転居し、人材系コラムや求人作成等フリーランサーとして活動。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する