現役の採用責任者が語る「逆質問」で採用をぐっと引き寄せる方法

ライター:菊本健司

275views

imasia_9785560_M

 転職活動中の方などに「面接の中で一番苦手(答えに困る)な質問は?」と聞いてみると「何か質問はありますか?」という採用企業側から促される質問を上げられる方が少なくありません。

 

 いわゆる「逆質問」と呼ばれるものですが、「特にありません。」では、ちょっと“味気なさすぎ”ですし、かといって印象をグッと上げる(採用を引き寄せる)いい質問も思いつかない・・・。今回は、逆質問について掘下げてみたいと思います。

 

「逆質問」で採用担当者が、がっかりすることは実は多い

 採用企業が逆質問を促すわけは、「貴方の採用企業へ入社したいという意欲の度合い(高さ)」を確認したいという気持ちの他に、この質問で以下のポイント等を確認したいと考えているからです。

 

  • 入社後(仕事)のイメージをある程度持っているか
  • 仕事への取組みにポジティブなもの(積極性や意気込み)が感じられるか
  • 転職者やキャリアアップ者が仕事をするうえで気になっている点は何か(仕事の価値観)
  • 逆質問される個所が今の職場などで苦手や不満と感じている傾向が高い(確認しなくてはいられないという心理から)ことから特定分野に苦手意識・不満を持っている可能性はないか
  • 人の話を聞く態度はどうか(コミュニケーションのスキルが分かります。)

 また、入社してほしいと感じている方に対しては、この他にも「問題点を解決して自社への入社意識をさらに高めてほしい」という気持ちもあります。なので、逆質問で「特にありません。」という回答は、面接官をちょっと“がっかり”させてしまいますし、いくら今までの面接で良い話をして感触を得ていても逆質問での聞き方で面接官は「おや?」と感じてしまうので十分な注意が必要です。

 

採用者を不安にさせる逆質問ベスト3とは?

 多くの採用責任者の方々とも面談させて頂く機会がありますが、話していると以下の3つの逆質問をされると「入念に判断しなくては・・・。」と感じてしまう方が多いようです。是非、確認しておいてください。

 

  • 「教えてもらえるんですよね。」「能力を伸ばしてくれる環境でしょうか」など入社後の指導についての質問

 割と女性の方に多い気がしていますが、この様な聞き方で入社後の指導に関する質問をされる方に対して面接官は

 

■過去の会社で教えてもらえなかったのかな

■教えを引き出すコミュニケーションが苦手なのかな

■教えを与えてもらう(待っている)タイプなのかな=指示待ち族かもしれない

 

という疑問を持ってしまう可能性があります。転職者の面接は、経験(異業種へ転職される方。いわゆるジョブチェンジの方については、経験に見合う異業種現職での経験)が大きく左右します。教わるスタイルは社会人経験(社会人コミュニケーション)の一部ですので、年齢によってはこの質問をされると“幼い”=経験が浅いと感じてしまいマイナスの印象を持たれてしまいます。

 

  • 待遇面の質問ばかりする方

 待遇面が気になるのは転職者としては当たり前の話ですので、面接官としても一定の理解がある方が多いと思います。転職は自分を高く売るために行うという側面もありまし、変な遠慮は必要ありませんので、待遇面の気になる部分はおおいに質問しておきましょう。

 

 しかし、待遇面の質問ばかりに終始してしまうのは得策とはいえません。また、人事などとの初面接時に待遇面を聞かれるのはある程度許されると思いますが、担当部署の責任者や役員・社長等の最終フェーズに近くなった面接などでは、この質問は避ける方が賢明です。面接のフェーズに合わせて質問を変えるようにしましょう。その為には、気になる待遇面以外にも質問する事柄を3、4つは持っておくのが良いかもしれません。待遇面の質問は、バランスと話をする相手を見極める事が重要になります。

 

  • 折角、質問に答えているのにノーリアクションまたは乗ってこない(会話にならない)方

 面接官も人間です。的確な逆質問をされると“会社の事をより知ってもらいたい”と一生懸命に説明をします。その際に、「頷きもなく」「話を聞いているのか分からないようなリアクション」をされるとどう感じるでしょうか。また、質問に対して誠心誠意回答をしたのに追加の質問は言うに及ばず、何か共感めいた言葉や意見などもなく「会話が弾まずに、いや会話にすらなっていない」やり取りが続くとどう感じるでしょうか。

 

 是非、立場を置き換えて考えてみてください。うまく置き換わらなかったら日常に置き換えても構いません。誰か親しい人にそんなノーリアクションをされたら・・・あなたならどう感じますか。ノーリアクションや話への共感の有無は、誰もが「表面的に話を聞いているだけで、興味もなく関心もない」と思ってしまいがちです。会話中は、「話を聞いているよ」というリアクションをシッカリ行い最低限でも話を理解した趣旨の返答を行うようにしたほうが賢明です。

 

「逆質問」で採用面接の成功をひきつける方法

 逆質問は以下の手順を参考に事前準備をしておきましょう

 

  • 逆質問の内容を3,4個は書き出してみる。
  • 聞きかたが相手に幼い印象を与えないかどうかを確認します。
  • 誰かに話してみて感想を聞いてみましょう。

 逆質問に自信の無い方は、まずこの部分にこだわってみましょう。それは、返答に対する“聞く姿勢”と“感想”です。話を聞く姿勢についてはもっと深く別の機会に取り上げますが、認識と意識をしておきましょう。返答に対する感想は長くなくても大丈夫です。それを聞いてどう感じたのか「入社後の姿がイメージできました。」「入社したい気持ちが高まりました。」など何でも構いません。それと、お礼を必ず添えて面接官に伝えてみる事です。

 

 

今回の記事のまとめ

 面接官は逆質問から多くの事を確認しようと考えています。その時、「別にありません」と流してしまうのは得策ではありません。また、質問に関しては質問される側が“この人幼い”と感じてしまう様な聞きかたは避けましょう。

 

 採用側企業が回答している時には、聴いている・伝わっているというリアクションを大切にし・意識しておきましょう。話が終了した場合は、それを受けての質問や共感の意思を伝えます。その時良い伝え方が思い浮かばなかったらお礼を添えて話を聞いてどう感じたかを伝えるようにしてください。

 

ライター

菊本健司IT系上場企業の現役採用責任者

「現役の採用責任者が語る転職のいろは」シリーズ

kikumoto

 

地方のIT上場企業で現役採用責任者(部長職)で年間200名以上の採用を行う傍ら、就活セミナーの講師などを兼務。就職活動をグローバルにとらえ、3つの節目「1.内定を取る」「2.就職した企業で正社員を維持・正社員のまま転職(あるいは、再雇用・正社員化)」「3.再雇用などセカンドステージに備える」においての”より良いキャリアアップ”をどの様に行っていくかを自身の経験や体験を交えて大学生、専門学校生、職業訓練校生やキャリアアップ研修受講生若者再チャレンジ対称者(再雇用・正社員化・転職)等に伝える活動を展開中。

採用担当者ゆえに企業(採用側)の事、学生の事、面接を中心とした就活テクニックの今、が分かる事を強みに、一般的なキャリアメイク講座とは一味違う、役に立つアドバイス(セミナー)を実践することがモットー。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する