Webクリエイターがネット業界で高収入を得るためには?

ライター:西山愛実

139views

text on wall, Money

WEBデザイナー全体の平均年収は約330万円!

 Webクリエイターの皆さんはどのような理由で働いていますか?やりたいことのため、成長するため、色々あると思いますが、理由の一つは間違いなく、収入を得るためですよね。今回はWebクリエイターがネット業界でどのような仕事であれば高収入が望めるかをご説明していきます。

 

 そもそも、Webクリエイターの収入はどのくらいなのでしょうか。転職サイトDODAの調査結果で は、Webデザイナー全体の平均は330万円との結果が出ています。そして、Webプロデューサー・ディレクター全体の平均は452万円とやはり制作者よりも、それを取り仕切る側の方が年収が高くなる傾向にあるようです。

 

 そう、今後収入を上げることを重視するのであれば、Webプロデューサー・ディレクターになることを視野に入れていくのが良いでしょう。

 

なぜWebプロデューサー・ディレクターの方が高収入?

  Webクリエイターとして、会社に属して年収を上げる道はなかなか少ないよう見受けます。なぜなら、制作は外注でき、コスト削減対象になりやすいタスクだからです。優秀なプロデューサーやディレクターがいれば理想とするデザインや仕様を作り上げ運用していくことができます。ですから、目指すは”優秀な”Webプロデューサー・ディレクターとなります。

 

 プロデューサーやディレクターの仕事とはどのようなものでしょう。会社によって役割や業務の幅もありますが、主には制作進行管理、ワイヤーフレームや設計書作成、メンバーへの指示出し、クオリティチェックといった、サイトを作り運用していく上で必要な企画や制作に必要な部署や会社間の調整をする仕事です。

 

 より上役になれば予算管理や企画への決定権等重要な決議への発言権も得ていきます。事業会社とアウトソーサー(受託側)でのプロデューサー・ディレクターの仕事の違いも大いにありますが、その説明はまた別途させて頂きます。(※追記:事業会社と制作会社のWebディレクターの仕事の違い

 

どんなWEBプロデューサー・ディレクターを目指すべきか

 すでに多くのWebプロデューサー・ディレクターがいる中で、本当に収入が上がるものか気になりますよね。実際、今から通常のプロデューサーやディレクターになったとしても劇的に年収を上げることは難しいと思います。”通常の”プロデューサー・ディレクターではなく、”優秀な”プロデューサー・ディレクターにならなければいけません。

 

 では、”優秀な”とはどのようになればいいのでしょうか。いくつか方法はありますが、まずはあなたならではの武器を身につけましょう。皆ができること+αにできることがあればそれだけで稀少性を高め、市場価値を上げることに通じます。

 

  • 【例1】制作もできるディレクターというだけでも貴重な存在です。

 基本的に制作までキッチリとできるディレクターは多いようで少ないからです。また、現在のサイトはシステムと連動している動的サイトが大半であるため、開発側までディレクションができるようになることもあなたの価値を高められます。

 

 また、広告代理店のクリエィティブディレクターのようにWebだけでなく実店舗やイベント、紙媒体等もトータルに扱うクロスメディアの戦略立案に長けたディレクターも高収入で有名でしょう。

 

  • 【例2】作るだけではなく売上アップやプロモーションも担当できる、マーケティングを得意とするディレクターも重宝されます。

 分析ツールを操りR言語やGo言語を習得しユーザー動向を探りPDCAまで起こせるようなデジタルマーケターは引く手数多になるでしょう。デジタルマーケターは海外や外資企業ではすでにいて当たり前の存在となっていますが、日本ではまだまだ人材育成が追いついておらず、ニーズはあるものの、採用が難航している職種の一つとなります。

 

 企業もまだノウハウが少ないため育成するために時間も資金も要されるため、一部の優秀な「デジタルマーケター」が引く手数多となっています。

 

<デジタルマーケターになるには>

 

 デジタルマーケティングのツールを扱うアウトソーサー(受託側)は企業向けにマーケティングのコンサルサービスを展開しているため、日本の中ではデジタルマーケティングのナレッジが貯まっている会社といえます。募集している求人を見ても今ならまだ未経験に近い経験だとしても採用される可能性があります。

 

 特にWebディレクターはグーグルアナリティクスなどの解析ツールで効果測定や分析をしていることが多いため、経験を活かしやすくなります。本職がクリエィティブな仕事からは離れてしまいますが、ユーザーを分析し、ユーザーに目的とする行動を取らせられるようなる施策を立てるスキルを身につけられれば損はありません。

 

 もし、デジタルマーケターになってからまたクリエイターとしての仕事をしたいと思ったとしてもユーザー動向への知識を元にターゲッティングをし、クライアントに求められるサイトを作れるようなります。そのためには、クリエイターの職から離れても常にデザインや技術トレンドを勉強し仕事以外でも制作をし、手を動かし続ける必要もありますが、長きに渡りこの業界で活躍し続けることができるようなります。

 

 

年収アップのためには独自の希少スキルを身に付けること!

 いかがでしたでしょうか?クリエィティブとは離れたお話になりましたが、デジタルマーケターなどが高収入というのはあくまで一例であり、基本的には「収入な人」=「稀少な知識や貴重な技術を持ち合わせた人材」といえます。あなたの価値を高めるため、高収入を狙うために、新たな知識や技術習得に踏み出してみませんか?

ライター

西山愛実元人材会社のコーディネーター

「元人材会社のコーディネーターが語る、Web系職種転職事情」シリーズ

テスト

 

明治大学情報コミュニケーション学部を卒業後、新卒で人材総合会社である株式会社インテリジェンスに入社。事務系職種の派遣営業として横浜エリアの既存顧客、新規顧客の開拓に従事。派遣事業部で過去取引のなかった大手食品会社を新規開拓。産業カウンセラーの資格取得をきっかけにコーディネーターへの異動を申し出、IT職種のコーディネーターにキャリアチェンジ。インフラ、ヘルプデスク等の職種を担当し、その後Webクリエイティブ職種のメイン担当になる。Web領域を事業部の注力領域へと成長させ、新領域開拓のための先行調査を行う。Web系職種への知識と営業経験を買われ、客先の大手ネット系企業での中途採用チームの立ち上げるためのSVに抜擢。エンジニア、クリエイターを大量に含む採用目標を大幅達成。その後結婚を機にマレーシアに転居し、人材系コラムや求人作成等フリーランサーとして活動。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する